ベクターボール 最新 第31話 ネタバレ あらすじ 感想 Vectorball 米炊がブスを笑う理由

マガジンで連載中の漫画「ベクターボール」の最新第31話「おかかの起源」のネタバレ、あらすじと感想です。魑魅君の忍術でなんと新キャラを即倒してしまうという神展開。他マンガじゃ考えられない予想外の展開に驚かされっぱなしです!主役は米炊じゃなくて魑魅君なんじゃないの・・・

30話の続き、最新第31話のネタバレはこっち
前話、第30話のネタバレはこっち

ベクターボール 第31話 あらすじ

棋学仔はロゥダー・ロゥでノーマンたちの思念体の力を封じ込めた
棋学仔はノーマンたちに人間の身体に戻っても「ロゥダーロゥ」の制約は続いている
思念体の力は使えないし人間としての力も棋学仔に危害を加えることが出来ないレベルだと説明

棋学仔は改めてノーマンに説明を求めた、棋学仔を消すように命じた幹部は誰なのかと
ノーマンは答えず、パック餅を取り出し食べ始めた・・・

翌日の昼休み、米炊は屋上でブスを双眼鏡で観察してノートにとり笑っていた
そこへ他のブスがやってきてジャンプキックを食らわす。

倒れた米炊にメガネをかけた少女がノートを拾い手渡す
そしてハンカチを濡らし、蹴られた目元にかけてやる

米炊のことをいい人だと言う少女は1年生で勉強を頑張っていて学年5位
名前を木筒(きつづ)つづみという

木筒がなぜブスを笑うのか、直せばいいのにと言うと
米炊は生まれて半年か一年経ったころの想い出を語り始める

器官に水か食べ物が入り咳が止まらずに死にかけ病院に搬送された米炊
そのうち呼吸が止まってしまった
みんながあきらめモードの時、最後まで諦めない看護師がいて
その看護師がもの凄いブスだったのだ
米炊は大爆笑し呼吸も正常化、一命をとりとめたのだった

想い出話に笑う木筒
休み時間終了の鐘がなり、米炊はハンカチを返す
木筒は「実は私も…」といいかけてやめる。先に行ってしまう米炊

木筒は昔米炊に助けられたことがあった
木筒はハンカチを握りしめ何かを我慢するように苦しそうな表情をみせる

放課後 放送室
思念体メンバーを集めた織部、
棋学仔はロゥ・リサインを持参し今日こそノーマンから真相を聞き出そうと考えていた
そこへ同じクラスの木筒がやってきて先生からだと棋学仔にプリントを手渡す

棋学仔も織部も木筒に思念体が入っていないか注視していた
しかし木筒には特殊能力があった

一人の人間の体に「人間の魂」と「思念体の魂」両方が同居し
普段は人間の魂がその肉体の行動をとり
好きなときだけ思念体の意志がその肉体を支配する

ずっと前から棋学仔の側に・・・

「いただいたよ『ロゥ・リサイン』」

そう言って木筒は棋学仔の胸を硬質化した腕で突きさしロゥ・リサインを奪う
血を吐く棋学仔
叫ぶ織部

ベクターボール 32話へ続く

ベクターボール 第31話 感想

まさかの新キャラがまた敵だったとは・・・・
しかもめっちゃ悪そう。ノーマンがあっけなく魑魅君にやられたんでどうするのかと思いきや
本丸はこんなところにいたんですねー
怖いなー。棋学仔と同じクラスかつ米炊に密かに恋心をいだいてるって設定ですが
人間の魂と葛藤しながら戦う展開になるんですかね。
米炊は自分に優しくしてくれた木筒と戦うことはできるのかな?

こんなシリアス展開の中、序盤のノーマンのパック餅に笑ったけどな

2 thoughts on “ベクターボール 最新 第31話 ネタバレ あらすじ 感想 Vectorball 米炊がブスを笑う理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。