漫画 いつかティファニーで朝食を 最新 第53話 バンチ2017年2月号

雑誌「バンチ」に連載中のマキヒロチ先生による大ヒット漫画「いつかティファニーで朝食を」の最新第53話のネタバレ、あらすじ、感想です。

53話の続き、いつかティファニーで朝食を最新 第54話のネタバレはこっち

いつかティファニーで朝食 コミック10巻のネタバレはこっち

漫画 いつかティファニーで朝食を 第53話 あらすじ

麻里子はきみちゃんたち仕事仲間5人で富山へ「ご褒美旅行」へやってきた
新店準備が終わった自分たちをねぎらうためだ

麻里子たちはセイズファームという農園へ
ワイナリーやカフェレストラン、そして1日1組限定の宿もある農園だ
麻里子たちは今日その宿に宿泊する

宿にチェックイン
広いリビングに薪ストーブ、アイランドキッチンとおしゃれな内装にテンションが上がる
日が暮れてBBQを始める
ワインを飲んで酔っ払った麻里子たち、男との出逢いについて話はじめる
白藤さんは最近出会い系アプリを使ってモテモテだという

麻里子はそんな切羽詰ってたのかと心配するが、白藤は最近は出会い系アプリといってもSNSみたいなものでライトなものが多く
お気に入りのメンズも見つかったのだと説明する

きみちゃんと麻里子も興味を持ちアプリに登録する
登録した途端、いろんな男からアピールがくる
あまりの数にふたりとも混乱気味

BBQが終わり、リビングに戻る
白藤は改めて二人にどんな人がタイプなのかと聞く
即答できない二人、白藤は「30年以上生きてきて自分の好みがわからないってヤバくないですか?」と言い
好みをハッキリさせようと提案。
紙を二人に手渡し、8つに裂くように言う。
それぞれの紙に相手に対して譲れない条件を書き、そこから2枚ずつ選んでどちらが大事なのかを選択
最終的に残ったものが自分にとって最も譲れない条件なのだと説明する
白藤に言われるがままに条件を書くふたり

麻里子が書いた条件はどれも海外ドラマの好きなキャラじゃないかと白藤にツッコまれる
次々に紙を取捨選択していき最後に残ったのは

きみちゃん:「タバコ嫌がらない」
麻里子:「全てなんでもうまくこなせて飄々としているが実は何もできていない一面と闇を持つ熱い何かに憧れる同期入社のライバル」

白藤はきみちゃんの「タバコ嫌がらない」は自分らしさを失わずにいられる相手ということだと説明
麻里子のは菅谷みたいだと指摘、思わず菅谷の名前が登場しあたふたする麻里子

そこへ他の同僚がホットワインを作って持ってきてくれた

(麻里子の気持ち)
のりちゃんやリサや栞とは違う友情
会社辞めたら連絡取らなくなる所詮他人かもしれないけど
会社のみんなは家族で戦友で運命共同体
大変な毎日を知ってるからこんな時間を愛しく思える

就寝時間
同じ部屋のきみちゃんと麻里子。ベッドに入り話をするふたり
きみちゃんは次の春で会社を辞めると話す
部長には伝え済みで、やりたいことができたから年収は低くなるけど頑張ると説明する
麻里子はがんばってねと伝えるもドキドキして眠れなかった

翌朝
朝食にテンションが上がる
みんなは今回の旅行が楽しかったから恒例にしたいと盛り上がる
その話を聞きながらどこかさみしげな表情の麻里子ときみちゃん

(麻里子の気持ち)
人が決断する時は
そうなるべくしてであって
そういう運命だからで
それは 考えたってみつからない

会社
麻里子は白藤とノベルティのデザインを考える打ち合わせ
そこへデザイナーとして高浪がやってくる

驚く麻里子

いつかティファニーで朝食を 第53話へ続く

漫画 いつかティファニーで朝食を 第53話 感想

セイズファームおしゃれでした!
HP見ましたが麻里子みたいにお泊りするなら週末は予約埋まりっぱなしなので平日が良さげですね!

麻里子はやっぱり菅谷が好きなんですねー・・・菅谷元気にしてるんだろうか
まさか高浪さんがまた登場するとは思ってなかった(笑)もう麻里子とどうこうってないと思うけど
白藤さんが惚れちゃうパターンなのかな

きみちゃんが会社辞めちゃうの残念
今回は会社仲間との関係についてがテーマでした。
一緒に働いていると確かに友情とは違うけど何か心地いい関係って生まれたりしますよね
まさに家族なのかもしれませんね。でも家族と違ってきみちゃんみたくいつか離れてしまうんですけどね・・・さみしいですねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。