漫画 PとJK 最新 38話 ネタバレ あらすじ 感想 別冊フレンド 2017年9月号

漫画「PとJK」の最新第38話「唯の秘密」のネタバレ、あらすじと感想です。別冊フレンド2017年9月号に掲載のエピソードです。部署異動が決まった功太、だけど大神と仙道のトラブル解決に巻き込まれちゃうの??

 

 

前話、PとJK第37話のネタバレはこっち

漫画 PとJK 最新 38話 あらすじ

唯の後についていく歌子
「・・あの・・・どこまで歩くの・・・?」
振り返って唯が言う
「・・・え あんたまだいたの?」
怒る歌子
「なにその言い草!? そっちが歩けって言ったんでしょ!!」
「ついてこいとは言ってない で? なに? 用があんなら早くして」

歌子は急に様子がおかしいがどうしたのかと訊く
唯は歌子には関係ない、勝手に歌子が逆上して追っかけきただけと答える
歌子はなんで追いかけてきたのか聞かれ、なんでだっけ・・とわからなくなる
呆れる唯
歌子はその態度だよと怒る
「は?言ったじゃん平ちゃん傷つけるヤツ嫌いだって」
「だっから!大神さんを傷つけた覚えないっつの!!」
唯は歌子が追っかけてこなければお互い嫌な思いをせずにすむ
彼氏のことは絶対に誰にも言わないと約束すると言う
「だから もうこれで終わりにして」

 

 

立ち去る唯を呼び止めてしまう歌子は自分に問う

・・・あれ
なんで呼び止めてんだろ
こんな人ほっとけば・・・

功太の言葉を思い出す
「君にだって理解できない人間っているだろ」
「理解してほしいなら努力が必要だけど そうじゃねーならほっときゃいいよ」



そっか・・・
わたし
この人に理解してほしいんだ

歌子は次の瞬間、目の前が真っ暗になる
目を覚ますと家のベッド
もしかして夢だったのかとリビングへ行くと功太と母親の姿が

母は歌子が下校中にぶっ倒れて寝てしまい
友達が運んでくれたのだと説明する
母はこの寒い中、爆睡するあんたを背負ってわざわざ家まで・・・ちゃんとお礼しなきゃねと言う

・・・あの人が?
なんで・・・

 

歌子は功太をマンションの入り口まで見送る
功太は昨日時間が取れなかったことを謝る
「・・・「大事な話がある」ってメール来てたけど」
歌子は唯の絶対言わないという言葉と母から背負って送ってもらった事を聞いたのを思い出し答える

まえにさ・・・
「理解しあえない相手に理解されたいなら努力が必要」って言ってたでしょ?

 

 

「?うん?」

わたし そうしようと思って
・・やっぱり理解されたいって思っちゃうし・・・
相手のことも理解したいかなって・・・
だから あの・・・
しばらく情緒不安定になるかもしんないけどよろしく!!

「おっおう・・・ えっ・・・大事な話ってこれ?」

まあ! そうね

功太は君らしいと思うけど、くれぐれもと言いかけて
歌子がかぶせる
わかってる ムチャはしない
・・・この件は自分で向き合いたいから
ちょっと見守っててよ

功太はわかったと答えて
もし1人じゃつらかったらと続けた

(歌子の気持ち)
たぶん めっちゃヘコまされるだろうけど
逃げないぞ!!

翌日
歌子は唯を校門で待ち伏せ
ストーカーと呼ばれながらも歌子はお礼を言う
唯は「ま、口で言うならタダだよね」と応じる
歌子は一度腹を割って話そうと提案するも唯は聞かず
そのまま帰ろうとする

なにが知りたいんだか知らないけど
腹割ったところで不愉快な思いするだけでしょ!

食い下がる歌子

それでも知らないよりいい!
わからないまま なんでだろうって考え続けんのはもう嫌なの!!

振り返る唯

そこにあたしの意志はないわけだ?
そんなんでよくわかりあおうなんて言える!

歌子は負けじと続ける

理屈じゃないんだ!
腹を割れ!!

 

 

そこへジローと大神がやってくる
唯はこれから3人でデートだから唯は帰れと言う

ジローにいつの間に仙道と仲良くなったんだと問い詰める
言葉を濁すジロー
唯はあんたも友達なのに平ちゃんは何も話してないんだ
あんた信用されてないんじゃない?と言う

大神は唯にやめろと言う
唯は大神につっかかる

あーそっか
この人の前じゃ優しい大神さんじゃなきゃダメなんだもんね
そうじゃなきゃ一緒にいてくれないと思ってるんでしょ?
・・・健気すぎて涙が出るね

「ちょっと! なにその言い方っ」と歌子
唯は「あんたもだよ」と歌子が自分ばかり詮索して
大神には何も聞かないことを指摘
「大事な友達」なのにおかしな話だよ

ジローは間に割って入り歌子に帰るように言う
そこへ警察がやって来た
功太だと気付き驚く歌子
功太は万引きして逃げた女子高生がいると通報があった
カバンの中を確認させてくれと言う
唯は任意ですよねと拒否するも大神が「出せよ唯」と迫る

歌子は大神と功太が組んでいるのではと気付く

歌子はカバンから万引きしたとされるものを取り出す
「あたしが盗んだわけじゃないから」

功太は詳しく話をきくと言って唯をパトカーに乗せる
乗り込む寸前、振り返る唯、大神に向かって言う

・・・昔と変わんないね
卑怯者

 

 

「ちがう」と言い訳しようとするが
功太が大神を制する

唯が連行された後
歌子がどういうことかと大神に訊く
ジローがもう隠せないってと続く

唯はパトカーの中で
万引き程度で未成年を連行するなんてどうかしてる
バレたら減給どころじゃすまないんじゃない?と嫌味を言う

なんのためにこんなことしてんの?
誰になに吹き込まれたか知らないけど
警察が踊らされて
恥ずかしくないわけ

功太は我々は相談を受けて動いているだけだと答える

「・・・・相談?」
「君のお兄さんから頼まれたんだ 『妹を保護してほしい』と」

  

 

 

PとJK 最新 39話へ続く

漫画 PとJK 最新 38話 感想

大神と仙道が兄妹だったとは・・・
言われてみればそっかーって感じですが
何故保護なのでしょうか?
やっぱりヤバイ人につけられてるんじゃ・・・

功太は異動の話がなくなっちゃわないんでしょうか・・・なんだか不安でいっぱいですね
続きが気になります

 

One thought on “漫画 PとJK 最新 38話 ネタバレ あらすじ 感想 別冊フレンド 2017年9月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。