漫画 パーフェクトワールド 最新 第25話 ネタバレ あらすじ 感想 KISS 2017年2月号

雑誌「KISS」に連載中の漫画「パーフェクトワールド」の最新第25話「不確定な未来のために」のネタバレ、あらすじと感想です。樹の元へ直談判に向かった圭吾とそしてつぐみ。つぐみの姿に樹はどんな反応を見せるのか?

パーフェクトワールド 25話の続き、最新第26話のネタバレはこっち

前話、第24話のネタバレはこっち

漫画 パーフェクトワールド 第25話 あらすじ

予期せぬつぐみの登場に動揺する樹
なんで?どういうこと?と言う樹に圭吾が病院で知り合ったことを説明
樹の反応に身体がすくみそうになりながらもつぐみは樹が設計を断ったことも理由も聞いて
圭吾と樹の間を取り持とうと考えたのだと説明する


私は鮎川より圭吾さんを知ってるし
圭吾さんより鮎川のことわかってる
だから話をしに来たの

樹は二人オフィスへ招き入れ話を聞く
つぐみは楓が病室で設計を断られてよかったと言っていたと話し始める

自分に言い聞かせるように「もう十分幸せをもらったから」って
それは本心なんだろうけど
もう一つの本心を隠すための言葉にも思える
新しい家で一緒に暮らすのは圭吾と誓いあっていた夢だった
だけど圭吾に負担をかけまいとその夢を諦めようとしている
圭吾は楓一人のためじゃなく、二人の幸せのために必死になってるのに
楓は「彼を不幸にしたくないから」って離れようとしている
その言葉が一番、圭吾を不幸にしているのに
つぐみは言葉で楓に説得しようとしてももうダメで目に見える肌で実感できる幸せの形が必要なんだと思っている

樹はつぐみの話を聞きながら、自分がつぐみに観覧車の中で伝えた言葉を思い出している
”もういいんだ 川奈の人生を大切にしてくれ”

樹は話は分かったが、楓と直接話しをしないとなんとも言えない
だから今週中に松本へ行くと答える

樹の事務所からの帰り道
圭吾はつぐみに感謝する

彼と会うのに戸惑いもあったろうに
感謝しきれない
こんなに味方になってくれる人は誰もいなかった

つぐみは謙遜しながら同時に樹と話をしてまだ心臓がばくばくしていた

金曜日 松本の楓の実家にやってきた樹
楓と二人で話がしたいと、楓の部屋に

ふたりが部屋で話をする間、楓の母はつぐみと圭吾に最近楓は浮き沈みが激しいから心配だと話す
つぐみは少しだけ様子を見てくるといい、部屋へ向かう。
部屋の前で二人の話が聞こえてくる


僕が一度設計を断ったのはあなたの気持ちが想像できたからだ
大事な人に迷惑をかけるつらさは
僕もよくわかっています
でも高木さんはあなたとの生活を強く望んでいる
それならその気持ちを受け入れてもいいのかもしれません

楓は圭吾がきっと後悔すると答える
樹は圭吾の意志はもう変わらないと説得するも楓は感情的にまくし立ててる

そんなことがどうして言えるの?
あなたとつぐみさんだって結局別れちゃったじゃない
“私の気持ちがわかる”? 簡単に言わないで
そんなふうに自立して働くこともできるあなたが!!

我に返った楓は樹に謝り、続ける

本当は圭ちゃんにずっとそばにいて欲しいい・・・
だけど自分のせいで
彼の将来をつぶしたくない

どっちの道を選んでもつらい
どっちも選びたくない

楓の家を後にした3人
どうすればいいか悩む
樹は圭吾がお店を開くための資金を家の購入にあてようとしていたことを知り
その話をちゃんと聞かせて欲しいと言う

何かヒントを得た樹は東京に戻りイメージ図の作成をする

後日再度楓の元を訪れた樹
天気が良いので今度は圭吾とつぐみも同席して4人で外で話をすることに

あくまで初期アイデアとして見てみて欲しいとイメージ図を取り出して話を始める樹
その目が赤いのにきづいたつぐみは樹が徹夜で考えてイメージ図を描き上げたことに気づく
住宅建築は将来の状況に応じて改築を加えていけるよう最初から設計しておくのがベストだと説明して
樹が圭吾と楓にみせたイメージ図はレストラン兼住居となるものだった
そのイメージ図に感動したふたり
楓が「この家をいつか彼のお店に変えてくれるってことですか?」と聞くと

樹は答える
「僕がご提案したいのは 楓さんと高木さんお二人の夢を一つにしたプランです」

涙を流して喜ぶ楓
ふたりは「ありがとうございます・・・」と樹に感謝する

樹の姿につぐみは思う

この人はやっぱり
私が憧れ続けた人だ

つぐみと樹は圭吾と楓と別れ、帰り道
樹はつぐみが圭吾の夢を口にしなかったらレストランのこと知らないままだったと感謝する
これから松本に通うことになり忙しくなると話す樹
車へ向かうといいつぐみと別れる

去り際、樹はふり返りつぐみを呼び止めて尋ねる

「ちゃんと大事にしてもらってる?」

驚きつつもつぐみは答える
「すごく してもらってる・・・」

「・・・よかった」と笑顔を見せる樹は
じゃあまたなと言って行ってしまう

その背中を見つめながらつぐみは思う

・・・
変わってない・・・
鮎川は全然変わらない
あんな別れ方をしても
私の幸せを想ってくれてる

そしてどんどん
前に進んでく
車イスを走らせて
とても追いつけないほどのスピードで

涙を流すつぐみ

一体どうして
涙があふれるのか
なんの涙なのか
言葉にできない自分がいた

パーフェクトワールド、第26話へ続く

漫画 パーフェクトワールド 第25話 感想

つぐみの涙・・・に涙
なんでないちゃったんだろうね、でも気持ち分かる。切ない、言葉にし難い!けどわかるよ!

圭吾と楓の問題は解決しそうでよかった
これでまた樹とつぐみの接点が増えますねー
次回からは樹が足繁く松本に通い、家造りが始まるわけですね
今回の楓は今までにないブラック楓だったから、次回からまた元気だといいですねー

是枝 VS 樹も見ものですね
是枝もめちゃいい彼氏だから、ヘンに樹に遠慮しないでバトっていただきたい

2 thoughts on “漫画 パーフェクトワールド 最新 第25話 ネタバレ あらすじ 感想 KISS 2017年2月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。