漫画 君に届け 最新109話 あらすじ 感想 ネタバレ別冊マーガレット5月号

雑誌「別冊マーガレット」に連載中の人気漫画「君に届け」の最新話、109話のあらすじ、感想です。ネタバレ注意!風早と風早父がついに!!

君に届け 109話 あらすじ

風早父は入院中の妻に着替えを届ける
翔太が大学へ行きたいと本音でぶつかってきたことを相談する
妻は心配しすぎだと アドバイスする

帰り道、父は幼い頃の風早との想い出が頭に浮かぶ

病院には入れ違いで風早と爽子が
風早は母に父が何を言っていたか尋ねる
父親のことをどう思うか聞かれる風早は
よくわからない、自分(風早)に興味が無い、何したら喜ぶのかも未だにわからないと答える
母は父は今ショック受けながら 嬉しいんじゃないかと
風早に帰ったら寝室のタンスの一番上の引き出しを見て見るように言う

母は風早が産まれた時に父親(名前は勝一郎)が3つの名前候補で悩んでいたエピソードを話す
翔太、勝太、将太
の中から自分の名前に近い勝太を選ぶかとおもいきや、産まれた風早の顔を見て翔太を選んだ

勝つことじゃなく
人の上に立つことじゃなく
翔ることを望んだの

あなたに—-

家に戻りタンスの引き出しを開ける風早
そこには父が風早から昔受け取った誕生日プレゼント、似顔絵や成績表がしまってあった
そこに父がアロハシャツ(風早が昔あげた)を着てやってくる
思わず笑ってしまう風早

父は大学へ行ってもいいが条件があるという

ひとり暮らしをしろ!
自分で食材を買い料理をし
洗濯をし掃除をしろ
ひとりで生活してみろ!

ありがとうと言う風早に、合格してからだと父
かたたたき券をとりだし風早に肩を揉ませる

爽子に電話で報告する風早、爽子も嬉しそう

夏休みが終わり模試を受けている爽子

風早くんが気持ちに決着をつけて
お盆が終わって
最後の夏休みが終わって
次は私の番です

君に届け 109話 感想

父エピ完
お父さんが風早のプレゼント大事にとってたとこ泣いた!
風早も進路がかっちりきまって次は爽子か―
二人は遠距離恋愛になるのね。そろそろ終わっちゃうのかな―、最近めちゃ面白いからまだネタ絞って続けて欲しいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。