漫画 あかねのハネ 最新 6話 ネタバレ あらすじ 感想 ヒバナ2017年1月

漫画雑誌「ヒバナ」で連載中のバドミントン漫画「あかねのハネ」の最新第6話のネタバレ、あらすじ、感想です。赤池さんとの最終戦。絶対に負けられないランキング戦であかねが見せたのは・・・

6話の続き、最新第7話のネタバレはこっち
前話、第5話のネタバレはこっち

漫画 あかねのハネ 最新 6話 あらすじ

あかね VS 赤池さん

あかねはシャトルを返すことはできるようになっていたが
微妙な風の影響でアウトが続く

赤池は風に気づき、打ち方を調整。
外でガシガシ風を受けてサッカーをしてきたあかねは微妙な風の変化には気づかない

赤池 11-3 深山(あかね)

他の選手も試合を見守る。初心者のあかねに負けたら大変、ありえないよねと話す
あかねはなぜシャトルがうまくコートに入らなくなったのか考えてもわからない
気持ちを切り替えて打てるだけ打って取れるだけ取ろうと斜めに打ち始める

シャトルは狙い通りインしだすが、打ち合いになるとやはりアウトになってしまうことが多い
しかしあかねは打ち合える喜びを噛みしめる

でも、打ち合えるの
こんなに楽しいんだ・・・

赤池 12-8 深山(あかね)

差を詰められた赤池は昔試合で負けて母に失望されたことを思い出す・・・

「あんな子に負けたら、恥ずかしい」

赤池は強烈なスマッシュを決める
赤池のプレーにゾクゾクと感動する


す・・・・
すごいね・・・赤池さん!!

赤池はあかねが今日何試合もこなしているのに
全く息があがっていないことに気づく

そしてあかねに負けたら恥だという自分の考えを改め
コートを強く踏みつけ気合を入れる

あんな子に負けたら恥—
違う!

この子は弱くない。
なめてかかったら、ほんとに負けちゃう。

あかねのクロスクリアが2回に1回は決まるようになり
二人は20-20のデュースに。
接戦の末、赤池が勝利

赤池は途中、中学時代にケガをして高校への推薦を逃し
母親を失望させたことを思い出す

推薦が捕れなくて
お母さんがいる高校に行けなくたって・・・
わたしがバドミントンを辞める理由になんかならない。

帰り道、鈴木と赤池に遭遇するあかね
あかねは赤池と打ち解け、あかね、ひかると呼びあうことに

5月 もうすぐ中間テストだが鈴木が1週間ずっと登校していない
あかねは担任の先生からテスト範囲とか教えてやっといてくれと頼まれる

汐里に鈴木のことを相談したあかね
なんと鈴木は海外遠征に行っていた
強化合宿でマレーシアへ行き昨日帰国したところだろうという

明日からテストなのでノートのコピーを渡してあげたいというあかねに
汐里は一緒に鈴木の家へ行こうと誘う

汐里はケーキ片手にあかねと鈴木の家へ
玄関先で鈴木の母に遭遇、汐里とは知り合いの様子
汐里がジュニアの頃のコーチが鈴木の母だったのだ

あかねが家に入ると沢山の優勝トロフィーと賞状が目に入る
父と鈴木が写る写真をみていると鈴木は写真を伏せてしまう
母はもう父は亡くなっていて、死因は試合中の心臓発作だと説明する

「やめて、お母さん。」と部屋を出ようとする鈴木さ
母はあかねに興味を持ち、汐里に言われるがままあかねの筋肉を揉む

その様子にイライラした鈴木さんはあかねを自分の部屋へ連れて行く
あかねは「せっかく関東大会に出られるのに、赤点だったらコーチは出してくれるのかな?」と鈴木に勉強を教えてやると提案
鈴木は見た目と違って全く勉強についていけてなかった。

あかねは必死に勉強する鈴木をよそに、何歳からバドミントンしていたのかと聞く
「3歳。話しかけないで。」と答える鈴木

鈴木の部屋にも沢山のトロフィー
あかねは鈴木がバドミントンと生きているんだと感じる

「鈴木さん、関東大会めっちゃ応援するからね! さー、まずは赤点回避だよー」

あかねのハネ、第7話へつづく

漫画 あかねのハネ 最新 6話 感想

あかね、試合負けちゃったけど赤池さんなる新キャラ登場で面白かったです。
あと鈴木さん、実は勉強は得意じゃないとかメガネキャラなのに・・・(笑)
試合中も試合以外でもあかねが図太すぎて面白い、初心者なのに図太いって
男が主役のスポーツ漫画だとあんまりないんじゃないかなこのキャラ設定。
初心者っだけど才能があるっていうのはよくあるけど、試合だとだいたいガチガチに緊張するんだよねw

次回は関東大会ですかね、あかねは試合観戦して学ぶってこと?
それとも誰か怪我して出れなくなっちゃって代理てきな?

もう6話もやったからそろそろコミック出さないのかなー・・・
人気出ると思うんだけどなー

2 thoughts on “漫画 あかねのハネ 最新 6話 ネタバレ あらすじ 感想 ヒバナ2017年1月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。