漫画「雪花の虎」第9話 あらすじ 感想 ネタバレ 2015年12月10日号

ヒバナに連載中の漫画「雪花の虎」の最新話、第9話のあらすじと感想だよ。ネタバレ注意!

前話のネタバレはこっち



雪花の虎 第9話 あらすじ


元服して虎千代から景虎と名を改めた虎は栃尾城へ

栃尾城は揚北衆という豪族にちょこちょこ襲われていた

城の者達は景虎が若く色白なのを見て不安に

実乃は虎が女だということを隠していた
それに気づいた虎は城の者たちを集め自分が女であることを公表

毘沙門天が乗り移って自分が生まれたとするなら
この越後を鎮められるのは自分しかいないと

虎の話に城の人々は魅了される。
虎は迫る戦に気持ちが高ぶる



雪花の虎 第9話 感想

女に生まれたことを恥じること無く
城の人々にあっけらかんと本当の自分をさらけ出し、かつ信頼も得る虎
凛々しくてカッコ良かったよ!

遂に次回は戦はじまるのかな?毘沙門天の乗り移りっぷりを発揮できるのか
それとも失敗?して学ぶのか。楽しみだな―


One thought on “漫画「雪花の虎」第9話 あらすじ 感想 ネタバレ 2015年12月10日号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。