弱虫ペダル 428話 ネタバレ あらすじ 感想 弱ペダ 最新 IH最終日アツい協調

週刊少年チャンピオンに連載中の漫画「弱虫ペダル」の最新第428話 「協調」のネタバレ、あらすじ、感想です。弱ペダ インターハイ最終日、今泉と二人で下った先に箱根学園が!先頭集団に追いつこうと中盤のハコガクと総北が取った手段とは?



428話の続き、最新第429話のネタバレはこっち
前話、第427話のネタバレはこっち


弱虫ペダル 428話 あらすじ

箱根学園へ追いついた小野田と今泉
新開は時速80kmで坂を下ったのにそれ以上で下ってきた二人にショックを受ける

ヒトのプライド何回傷つけんだよ!!
インターハイてのは!!



スピードを上げアタックをしかけようとする新開に葦木場は消耗するだけだと止める
葦木場はしばらく中速ペースで巡航しチーム本体が来るのを待つことにする




そのころ後方にいた手嶋たちは小野田と今泉が先頭に追いついたことを先導車経由で知り盛り上がる
鏑木は「ざまみろハコガク!!」と並走する箱根学園に対して調子に乗る。
手嶋が鏑木にやめるように言う。青八木は箱根学園の黒田と何かを話している
「交渉成立だ」と言う青八木の言葉に頷く手嶋
状況が飲み込めていない様子の鏑木に手嶋が「協調だよ」と説明してやる

自転車は人数が多ければ多いほど速度も増す
2人より4人 4人より8人
人数が多いほど楽に速く遠くにいける!!

小野田と今泉が先頭に追いついた今、総北も箱根学園もなるべく早く先頭にいってチームを揃えたいのだと話す
中学では禁止されていた敵チームとの協調が初体験だとテンションがあがる鏑木

初めてですよこういうの!
つまり先頭につくまでの間 この状況!! ハコガクの皆さんは仲間 チームメイトってことすね!!
何かこれ 燃えますね!! わくわくしますね!!
ヤベーすね!!






はしゃぐ鏑木にハコガクの銅橋が先程の鏑木の暴言の件でキレる
鏑木は気にしてない様子で「仲よくやろう!! ハハッ」と肩を銅橋の肩を組む
銅橋は肩組みにもキレ、さっさと前で引くように鏑木に伝える
先頭に立つ鏑木

ヤバイ テンション上がる!!
何だ このドリーム感!!
敵だった人達と同じレースで
味方としても走る
銅橋さんや参謀
遅刻のヒトに泉田さん
なんかアガる!!

3日目でキツイはずなのに
こんな楽しい瞬間があるなんて!!
オモシれー!!
自転車っておもしれぇ!!
やっぱいるんだな 神様って!!






青八木は強調して走る最後尾
足を気にしていたがとりあえずみんなについていけてるので安心する

スタート地点では最後の集団がスタート
先頭とはかなりの差が開いており、観客も選手もあきらめムード
そこで熊本第一のキャプテン井瀬慎矢(いせ しんや)が協調を提案


皆このままじゃ終われんやろうもん!!
最後のインターハイばい!!
最後のペースアップばい!!
先頭になんとか追いついてオイたちの底力を見せつけよう!!

相言葉はこれたい
肥後ォもっこすーー!!


井瀬は卒業生の田浦にもう協調はしないと誓っていたのにその誓いを破ったのだった
井瀬の提案にざわつく集団、その中で広島の浦久保の姿が

チームメイトからすぐいくかと聞かれた浦久保はまだだと答える
「空気を読んで ワシが一発でまとめるよ?」

弱虫ペダル 429話へ続く






弱虫ペダル 428話 感想

熊本第一・・・・学んでない(笑)
箱根学園と総北の協調はテンション上がりました
鏑木じゃないけどw、まさにドリームチームな感じ、わくわくしますねー
ここに広島が追いついてくるってことなのかー、ある意味広島すごいけど
広島が集団利用するって展開・・・去年のIHと全く同じだけどそこは流石に変えてくるのかなー
でも集団利用しないと追いつけそうにないしね・・・

弱虫ペダルの感想はマンガノーツ


2 thoughts on “弱虫ペダル 428話 ネタバレ あらすじ 感想 弱ペダ 最新 IH最終日アツい協調

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。