漫画 弱虫ペダル 最新第424話 ネタバレ あらすじ 感想 IH最終日スタートまで後10分

週刊少年チャンピオンに連載中の漫画「弱虫ペダル」の最新第424話 「それぞれのスタートライン」のネタバレ、あらすじ、感想です。まさかの2年連続ヤな奴演じることになった広島メンバー、不安が残るIHの最終日スタート10分前!



424話の続き、最新第425話のネタバレはこっち

前話、第423話のネタバレはこっち



漫画 弱虫ペダル 最新第424話 あらすじ

青八木と鏑木の元を去り、ゴール前へ向かう呉・南の浦久保
そこへ後輩の東村が自転車を運んでやってくる

最初からあの本部テントがあることをわかって仕掛けたのか尋ねる東村
浦久保はあの場所を選んで仕掛けたと認める




ロードレースをうまく進めるのに
必要な条件それは
場所、頃合い、力加減じゃ
そういう空気が読めんヤツはあの若いヤツにも言うたがオチる!!


そして自分は空気が読める男だと言う

スタート前ではハコガク、総北へ声援が集まる
小野田は女子からの声援に照れながら謙遜し自転車ごと転んでしまう
手嶋は最初で最後のIHが今日で終わることに心臓が高鳴る


最後の日だ
全てをやってきた
積んできたこの1年
まぶしい空だ
あの空は今日のゴールと繋がってる
あの先にゴールゲートがある





けど
たぶん今日オレはゴールできない
それでいい
ジャージをつないで託された誰かが
そいつの目でゴールを見れりゃそれでいい
手嶋純太
オレは凡人!!目立った才能もセンスもねぇ
けど
努力だけはしてきた
5人の仲間とともに!!

おまえを
箱根学園を倒す 葦木場!!




葦木場は手嶋の想いに遠くから気づき
「のぞむところだよ」と答える
驚く手嶋





2日目を制した京都伏見はギリギリ5分前に桐城
なんと全員軽量化のため坊主頭だった

捨てな
捨てな つまらんプライドや
つまらん祝福ムードやつまらんカッコつけは
勝利が目の前にあるからこそ
すべてを捨ててのぞまな!!




IH3日目 最終日スタート

弱虫ペダル425話へ続く


漫画 弱虫ペダル 最新第424話 感想

浦久保を喰う御堂筋の存在感。流石、しかも全員坊主って(笑)こまりも坊主だし!

手嶋のポエム的な決意が葦木場に伝わっちゃうとこも面白かった
手嶋はゴールできないって思ってんのか、、、なんか石垣を思い出しちゃったなー

総北は最終日くらいは勝つのかな・・・このまま1日も獲れずに終わるってこともありそうだよね


弱虫ペダルの感想はマンガノーツ




2 thoughts on “漫画 弱虫ペダル 最新第424話 ネタバレ あらすじ 感想 IH最終日スタートまで後10分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。