漫画 弱虫ペダル 最新第422話 ネタバレ あらすじ 感想 IH最終日の朝 総北のメンバーを狙うのは…

週刊少年チャンピオンに連載中の漫画「弱虫ペダル」の最新第422話 「決意の朝」のネタバレ、あらすじ、感想です。IH最終日の朝をむかえた総北メンバー、気合十分!




422話の続き、最新第423話のネタバレはこっち
前話、第421話のネタバレはこっち


弱虫ペダル 最新第422話 あらすじ

IH3日目の朝、マネージャーの幹は朝の準備をしながら総北メンバーの活躍を祈る

皆すごく強くなった
レースでも強かった
でも
今年のインターハイでは
まだ1枚もゼッケンをとれていない
今日が最後のレース
2年生として走る最後のインターハイ

最後に願いを叶えて欲しい

私は応援とサポートくらいしかできないけど
がんばって

チーム総北!!







3日目のスタート地点には箱根学園の姿が
泉田は取材陣の問いかけに

最後のゴール黄色いゼッケンだけを箱根学園が獲りにいきます!!

と宣言する

泉田は黒田に今日は全てを捨てて走ると伝える
箱根学園、真波は寝坊して遅刻・・・


総北のテント内では手嶋を中心に円陣を組み気合を入れる





最後だ
最後の日まで来た
6人で!!
全員で!!
つないできた!!
鳴子 今泉 小野田 鏑木 そして青八木
キセキを信じるか

今まで死ぬほど積んできた
そいつを爆発させるのはもう今日しかない
全てを出し切ってコースに倒れても
キセキを信じる力は届く
想いをつないで
もし最後のヤツの最終ライン前の差が数cmになったら
その想いが背中を押すはずだ!!

いくぞ総北
最後のレースだ!!

総北ファイ オオオ!!





テントから出た総北メンバーは
それぞれ幹の手にタッチしながらスタート地点へ向かう
幹は青八木の足のケガに気づいていて無理しないようにと声をかける
青八木はオレにはまだやるべき仕事が残ってると答え
幹の手を強く叩きスタート地点へ

心配する必要はない
オレは3年間あこがれた このジャージで
インターハイの最終ステージに立てている
最高のメンバーと共に
それだけで
オレの望みは全て叶っている


同じくスタート地点へ向かうのは
広島 呉南工業





“広島のことは信じるな”
“広島は裏切るけ”
こういう噂のせいで1,2日目は思うように動けなかったと話すエースの浦久保優策(うらくぼゆうさく)

待宮パイセンが去年のインハイで結構なコトやらかしたからじゃあナハ!!
と言いながらパイセンのやらかしを後輩が謝りに行くかとメンバーの庭妻に声をかける

もう悪いことはいたしません
許してください
だからー
もう1回集団作って
前潰しましょう・・・て!!


誤ってるように聞こえんぞユーサクとツッコむ庭妻

じゃあとりあえず誠意みせるために誰か潰すか敵を!!
鳥を撃ち落とす猟師みたいに・・・


と前をふらついて歩く青八木を銃を構えるようにして狙う

弱った黄色いヒヨドリじゃ
ちょっと1段目を撃ち込んでくるかー




弱虫ペダル 423話へつづく


弱虫ペダル 最新第422話 感想

IH3日目の朝、緊張感が伝わるね
泉田もめちゃ貫禄ある。キャプテンって感じだ

そして広島呉南がまさか、また登場するとは(笑)
いきなり青八木狙われててヤバイじゃん!
早々に5人に減っちゃうのかな・・・やだなーーー

弱虫ペダルの感想はマンガノーツ





2 thoughts on “漫画 弱虫ペダル 最新第422話 ネタバレ あらすじ 感想 IH最終日の朝 総北のメンバーを狙うのは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。