漫画 弱虫ペダル 最新第417話 ネタバレ あらすじ 感想 IH2日目の夜 坂道が遭遇したのは?

週刊少年チャンピオンに連載中の漫画「弱虫ペダル」の最新 第417話 「総北の暗雲」のネタバレ、あらすじ、感想です。IH2日目の夜、そわそわして緊張が解けない坂道が遭遇したのは?



417話の続き、最新第418のネタバレはこっち
前話、第416話のネタバレはこっち


漫画 弱虫ペダル 第417話 あらすじ

IH2日目終了の夜
3年部屋でひとり自分の発言と行動を悔やむ手嶋

バカだ オレは
頼りきってた
あいつは丈夫なヤツで
いつでも側にいるんだと思っちまってた


(中略)

なのにオレは夢なんか語って
バカヤロウ手嶋純太
全員を同じように見なきゃなんないんだよ
オレは総北のキャプテンなんだよ!!





その頃ホテルの屋上では青八木が手嶋の事を考えていた


おまえの明るさに助けられてるんだ
いつも口にする”キセキ”とか”望み”とか”夢”
おまえがそうしてビジョンを見せてくれるから
オレはまっすぐに進めるんだ
純太



明日も走ると決意を改に青八木は洗濯を手伝う段竹を捕まえ
テーピングとサポーター、アイシングと痛み止めを用意させる
そして誰にも怪我のことを言うなと口止めする




同じ頃
小野田は明日がIH最後なので落ち着かないと言い自転車で走りに行く
明日で最終日にもかかわらず総北が1枚もゼッケンが獲れていないこと
そして去年3日目に自分がとったことから小野田はプレッシャーを感じていた
去年はしかも巻島先輩いてくれた・・・と不安になる

気分を上げようとラブヒメの歌を歌いながら走り続けると前方に見たことのあるフォームが
追いかけるとそれは東堂だった
箱根学園の激励に来たが予定が変わってしまったという東堂

この先を登る
ある男を追いかけているのでな



418話へつづく
次週はお休み

漫画 弱虫ペダル 第417話 感想

手嶋の気持ちと青八木が手嶋を想う気持ち、ジーンときちゃう。
ケガをおして走るってことは青八木は完走できないんだろう・・・

山神登場でテンションがあがる!
巻ちゃんに会いに行くのかな?
小野田もきっとテンションあがっちゃうね

弱虫ペダルの感想はマンガノーツへ


4 thoughts on “漫画 弱虫ペダル 最新第417話 ネタバレ あらすじ 感想 IH2日目の夜 坂道が遭遇したのは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。