ベクターボール 最新 第29話 ネタバレ あらすじ 感想 Vectorball 新敵ノーマン登場

マガジンで連載中の漫画「ベクターボール」の最新第29話「宣告」のネタバレ、あらすじと感想です。木登り部の協力で遂に敵の正体が明らかに・・・



29話の続き、最新第30話のネタバレはこっち
前話、第28話のネタバレはこっち


ベクターボール 最新 第29話 あらすじ

木登り部のクモ部長が犯人に選んだのはブサイクな方のロン毛男

クモ部長に正座させられてる男
棋学仔はなぜベクタープレートやベクターキューブを盗んだのだと訊くが
男は俺は知らねぇと泣き出しなぜか焼き芋を食べ始める





イケメンの方のロン毛は校庭の広場で歌う
その歌をBGMに思念体たちはパズルを解いている
この調子ならあと2,3日で少レベルの門ができるという
そこへ棋学仔が登場

おまえの目的は何だ3年E組 隅寸音一(すみすおといち)

思ったよりくるのが早かったねと隅寸
思念体の名はノーマンという

何故棋学仔のもとへ来なかったか尋ねると
ノーマンは説明する

それはもう
お前達が思念体上層部から見捨てられているからさ






ショックを受ける棋学仔(思念体名「リオウル」)にノーマンは続ける
思念体が何体か同士討ちで消え、しかも思念体と人間の共存を望むと言い出した棋学仔を上層部は見限ったのだという

そしてノーマンは用済みの処分を今行うと手下の思念体たちに命じて棋学仔を襲わせる
ロゥダー・ロゥ!!!と手下達をあっさりプレートに閉じ込めてしまう棋学仔

「ロゥダー・ロゥ」は人間界での思念体の統率を任されているロゥダーのみに与えられる特権能力で
思念体の力を封じる事ができるという。
ノーマンも初めてみたというその能力
セレクターの上のクラス、ランナークラスのノーマンが襲いかかる

棋学仔がロゥダー・ロゥ!!!を唱えるが
しノーマンはロゥダー・ロゥを無効化するロゥ・リサイン!!!!を唱える

その能力に驚く棋学仔
二人の対決を米炊と魑魅君が発見し、助けに向かう

ベクターボール 第30話へ続く



ベクターボール 最新 第29話 感想

棋学仔の強さどんなもんかずっと気になってた
ロゥダー・ロゥすげーと思ってたら、あっさりロゥダー・リサインってのが来ていきなり劣勢かぁ・・・
上層部が棋学仔を見限ったって設定好きだなー結構衝撃受けた。実力主義なのね

思念体の力を封じるってことは思念体と関係のない魑魅君の忍法なら大丈夫って展開かな(笑)
またスゴイ忍術を期待してる

ベクターボールの感想はマンガノーツ


2 thoughts on “ベクターボール 最新 第29話 ネタバレ あらすじ 感想 Vectorball 新敵ノーマン登場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。