漫画 ベクターボール 最新 第16話 ネタバレ あらすじ 感想 マガジン2016年39号

マガジンで連載中の漫画「ベクターボール」の最新第16話のネタバレ、あらすじと感想です。棋学仔と米炊が分かり合えたかな?と思いきや反乱おこされそーー



16話に続く最新第17話のネタバレはこっち
前話、第15話のネタバレはこっち


漫画 ベクターボール 最新 第16話 あらすじ

ロゥダーの棋学仔(こがくし)は新たに思念体を人間に乗り移らせるのは今ストップしている。
理由は人間と思念体の共存を約束したのに思念体が乗り移るケースが増えると米炊の不審をかい信頼関係にヒビが入るから
もう一つの理由は米炊の力が本物なら思念体を技師として増やすよりも1人米炊の力を借りたほうが門の完成が速いからだという

棋学仔は米炊を門の現場へ連れて行く
とある教室を開けると天井一面にブロックが。
思念体の入ってる生徒たちがipadのようなコントローラーでブロックを操作し
歪みを大きくしようと試みている



棋学仔は米炊にコントローラーを手渡して、ずっと組むのに苦労している場所を
なんとかできるかと頼む
変な歌を口ずさみながらブロックを組み始める米炊、あっさりとキレイにブロックを積んでしまう
驚く棋学仔たち。別の場所をやるように頼むが米炊は今度は棋学仔のターンだと
コントローラーを返す。
「思念体と人間の共存」の方法を見つけ出さないと手は貸せないと米炊は部屋を出る

上機嫌の米炊は廊下で魑魅くんと三条と遭遇
無駄にテンションの高い米炊にふたりは腹が立っている
その様子を少し離れたところからうかがう姉弟
弟は友だちになって下さいと書いた紙を紙飛行機にして米炊めがけて飛ばす

魑魅くんは紙飛行機に気づき、空中でキャッチして丸めて米炊のあたまにぶつけた
怒る米炊は弟が投げたのだと勘違いして弟に迫る
見かねた姉が思念体を出し米炊を止める
米炊は弟が友達になりたいだけだったことを知り機嫌を直す。
姉の名は蒔苗 縫(まきなえ ぬい)
弟は蒔苗 陽祐(まきなえ ようすけ)
米炊は自分のことを「おかかさん」と呼びなという


その頃安藤先輩はオルガの元へなぞのボールを持って走ってやってくる
部屋にはオルガと安藤ふくめ4人の生徒が
オルガは棋学仔には内緒で米炊を誘拐し門の完成まで働かせるつもりらしい

つづく



漫画 ベクターボール 最新 第16話 感想

新キャラ、味方も敵も出てきたね。そろそろマジで誰か死んじゃうのかなー?
オルガの裏切りにおそらく棋学仔はすぐに気づくだろうし、二人の関係がどうなるかも見ものだよね

ベクターボールの感想はマンガノーツへおねがいしますー


2 thoughts on “漫画 ベクターボール 最新 第16話 ネタバレ あらすじ 感想 マガジン2016年39号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。