漫画 ベクターボール 最新 第15話 ネタバレ あらすじ 感想 マガジン2016年37 38号

マガジンで連載中の漫画「ベクターボール」の最新第15話「ネゴシエイト」のネタバレ、あらすじと感想です。ロゥダーがいきなり登場で米炊どうすんのー?



本ネタバレの続き、最新第16話のネタバレはこっち
前話、第14話のネタバレはこっち


漫画 ベクターボール 第15話 あらすじ

放送室
ロゥダーの棋学仔(ごかくし)と米炊は話し合いの場をもつ

棋学仔からは

・ベクターボールを解いたこと
・思念体と人間との共存

について話したいと言う

米炊はベクターボールを棋学仔に手渡す
中に入っていた光る玉はどっか行っちまったという
光る玉は力でもなく知恵でもなく創造だという話だが解いたものがいないので知らんと棋学仔
ベクターは「ボクが入ってたんだよ」とロッカーの中から米炊を見守る



棋学仔はベクタープレートやベクターキューブはベクターボールをモデルに棋学仔が作ったもので
それを解いた素質のある人間に思念体が乗り移ると説明
素質とは「戦士」と「門」を作る「技師」の素質だという

この学校は思念体が人間界に入れる次元の歪がある特別な場所で
門とは思念体がこの世界に来るための門
思念体がこの世界で生きるには人間の肉体に入る必要があった
歪みは狭く1日1人通れるかどうかくらいだがその歪みを広げる門をつくろうとしている

思念体としても門を作るため多くの技師が必要で
そしてこの学校でしか思念体は人間に乗り移れない
だから残虐な事件など起こして学校が閉鎖になると困るという
思念体の力を見た生徒の記憶は消せるが
闘ったり、ケガを負うなど深いかかわりあいを持つと記憶が消せない

棋学仔は米炊が協力して早く門が完成すれば事件もおきなくなるが
米炊が協力を拒むことは承知していたので
「思念体と人間との共存の方法を私が探す」という条件を出す

ベクターボールを解いた米炊の身体には上位思念体が入ってるはずだが
思念体が見当たらない。
米炊はジル将軍が降りてきたけど体に入れず爆発して消えたと説明
驚く棋学仔と十文字

米炊は棋学仔の提案に乗ると言い、棋学仔にいろいろ聞く
十文字は人間と共存というアイデアが気に食わない様子

放送室の外には謎の生徒が中の様子をうかがっていた

つづく



漫画 ベクターボール 第15話 感想

結構謎が解けた!学校に怪物がいた理由、そしてベクターボールのなかの光の玉も!
早速反乱起こされそうな棋学仔、意外と早く死んじゃうのかな><

ベクターボールの感想はマンガノーツに!


2 thoughts on “漫画 ベクターボール 最新 第15話 ネタバレ あらすじ 感想 マガジン2016年37 38号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。