漫画 ベクターボール 最新 第7話 ネタバレ あらすじ 感想 マガジン2016年29号

マガジンで連載中の漫画「ベクターボール」の最新、第7話「おかかの力」のネタバレ、あらすじと感想です。超急展開だった6話の続編。謎が解き明かされる?



最新第8話のネタバレはこっち

第6話のネタバレはこっち


漫画 ベクターボール 第7話 あらすじ

米炊が創りだした謎キャラの名前はヴェクター
思念体で具体化した物質を吸収し米炊が思ったとおりの形に変える


セレクタークラスの怪物、ビリイナを倒したと安心した新太
しかしビリイナはまだ死んでおらず、腹に刺さった倍力機構を外す。
ビリイナのぽっかりあいてしまった腹の穴の上には小さな太陽のような球体
球体からは思念体の強い力を感じる
ビリイナは思念体を使い、腹の穴を塞ごうとしている
もう同じ攻撃は喰らわない、こんどこそ殺すと笑う

同じタイミングで米炊は自分の思った通りの寸法に倍力機構を作り出せたことに喜び笑う
褒められたヴェクターは「ヴェクター感激!!!」と答える

新太は米炊に言われ、大きなハルバードを創りだす(もう満身創痍。力は残ってなさそう)
米炊とヴェクターは「マターナンバーテイラー」と唱え、ハルバードを何か他のものへ変えていく・・・



同じ頃、相撲部では横綱で生徒会副会長の英茶(えいさ)が後輩からなぜ米炊のような最低な奴と
仲が良いのか質問を受け、答えていた

(中略)
オレがとても一目置いている所があってな・・・
お前たちあの木の高さを図れと言われたらどうやって計る?
(他の先輩がtanA(タンジェントエー)で計るんだなと解説)
おかかは「見るだけ」であの木の高さがわかる
それも0.0000mm単位まで正確に出せる


英茶は米炊が風力発電機やおむすびの高さを正確に当てた想い出を語る

あいつは全ての物を頭の中で数値化できるんだ
もしあいつの頭の中に「設計図」と
あいつのあたまに直接繋がってる3Dプリンターがあったら
あいつはこの世の全てを創り出せるだろうな




米炊は部品をたくさん作り何かを組み立てながら考える・・・

あいつの体を砕くには新太の3倍以上の力が必要
勝機は2つ
奴は「鎧強化」「変形」はもうできない
もう一つは足りない力を別のところから借りる!!


(天井を見上げる。そこには敷き詰められた謎のブロック体)

武器が完成、叫ぶヴェクター
ヴェクター感激―!

米炊「勝負だ!!!
ビリイナ!!!



漫画 ベクターボール 第7話 感想

米炊すごい!
なんか最低な米炊がかっこ良く見えてくる不思議(笑)

すべてのものを数値化できる能力、ちょっと前のエピソードで椅子や机で怪物を動けなくしたのも納得だよね
次回はサクッとビリイナを倒して、新展開突入なのかな?

ベクターボールの感想はマンガノーツに書いてくれると嬉しいよ!

2 thoughts on “漫画 ベクターボール 最新 第7話 ネタバレ あらすじ 感想 マガジン2016年29号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。