漫画「東京タラレバ娘」第16話 あらすじ 感想 ネタバレ KISS 2016年1月号

雑誌「KISS」に連載中の漫画「東京タラレバ娘」の第16話のあらすじと感想だよ。ネタバレ注意!今回も切ない、仕事じゃなく男でもなく、友情です!



最新話17話のネタバレはこっち

KEYにドキツイ一言を言われた前回のネタバレはこっち


「東京タラレバ娘」最新 第16話 あらすじ


KEYにドキツイ一言をもらい酔っ払って寝て起きた倫子
「いい女の定義」について考える

若い頃はセクシーな女がいい女
歳を取るに連れ知性のある女がいい女
最近はひとりで焼き肉に行ける女がいい女だと考えていた

KEYに言われた言葉を思い出しひとり焼き肉

「いい歳こいて女同士でつるんで騒いで(中略)
オレはあんたと恋愛できない」

倫子は肉を焦がしちゃう



倫子はそんなにつるんでないと頭のなかで否定
今までそれなりに自分はイケてる方だと思っていた
しかし今は明確な基準がほしい、自分の「戦闘力」がわかれば
もう高望みしなくてすむかもと

落ち込む倫子は自分の戦闘力を教えてくれと
原宿の占い師のところへ
占い師は倫子がフラレたことや仕事のことをバッチリあてる

小雪は丸井の奥さんのFacebookをみながら料理
香は客の商社の夫の愚痴をききながらネイル

倫子の呼びかけに応じ3人はカフェで落ち合う
KEYに言われた言葉の詳細を言うのを避け、もういいといって
倫子は明るくふるまう

香と小雪にも一緒に占いに行こうと誘う

原宿の母は
香と小雪の男関係も見事に言い当てる
北東にいい男がいると言われ、iphoneのコンパスを片手に北東へ向かう3人
そこには婚活居酒屋が!

相席になった見た目がダメっぽいサラリーマン3人。
香が名刺をもらうと商社勤務だとわかる。
男のひとりは酔っ払って3人の年齢をきき
結構年取ってそうだと言い出す

落ち込み店を後にする3人
小雪の店で反省会
占いを信じない、アンナの誰でもあてはまるように漠然なことを言ってるだけという小雪に
不倫は誰にでもあてはまらないと倫子
3人は険悪な空気に

心ではダメだ、いっちゃダメ言うなと考えながら
倫子は

「言われたのあいつに
いい歳こいて女同士でつるんでばっかのあたしらみたいな女とは
恋愛できないって」

と二人に言ってしまう

「やっちまった。女同士はこうなっちゃうともうダメなんだ」と
頭で思いながらひとり店を出る倫子


自分が幸せじゃないからって友達まで巻き込んで
そんな私は最低のドロドロ女

続く



「東京タラレバ娘」第16話 感想

今回刺さったところ
・戦闘力が知りたい! → 気持ちはわかるけど知ったら知ったで戦闘力53万の人とか出てきたら辛すぎる・・・から倫子みたいに自分はイケてる方だと信じれるうちが幸せなんだろうな

・香の三白眼ネタ → 香がやっぱりいちばん面白い! 三白眼ってカッコイイと思うけどね。 http://matome.naver.jp/odai/2139021811164527401

・不倫辞めなよアドバイス → ダメなことっていうのは不倫でも浮気でも本人がよくわかってると思うんだけど友達としてどうあるべきかは意見が分かれそう。特に30超えだったらなおさらだろうと思う。この論争は是非今後も掘り下げて欲しい

恋愛と仕事ネタだけかと思ったらそんなことなかったね、三十路女の友情ネタってなんか新鮮
しばらくこのネタ引っ張ってほしいな

7 thoughts on “漫画「東京タラレバ娘」第16話 あらすじ 感想 ネタバレ KISS 2016年1月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。