漫画 双星の陰陽師 最新31話 あらすじ 感想 ネタバレ 聖丸 VS ろくろ遂に終結

ジャンプスクエアで連載中の「双星の陰陽師」のあらすじと感想です。ネタバレ注意!聖丸戦、ついに終結!


最新第32話のネタバレはこっち


復活したろくろ、聖丸に再度挑む
一方、禍野(まがの)の新食が進む中十二天将の有馬たちは次々にケガレを倒していく
清弦は各地点の陰陽師達と協力し結界を再強化して街をガードすることに成功

繭良は土御門にろくろを助けに行ってやれと頼むが拒否される
「僕が求めているのはね 単に運命を背負ったものではないんだよ
求めるべくは自らの手で運命を切り開く者だ」

ろくろは攻撃に全呪力を集中させ聖丸を殴りまくる
しかし、呪力が尽きる前に体力が限界に



聖丸 「俺の勝ちだっ…」

ろくろ 

俺たちの勝ちだぜ・・・
遅ぇよ・・・
紅緒




ろくろが差し出した左手を紅緒が握る

土御門
「そう ろくろくんだけでは意味が無い
運命を切り開くのは
彼ら二人でなくては意味が無いっ!!」

レゾナンス
紅蓮流星拳(クリムゾンメテオスマッシュ)

がきまり、聖丸を倒す

双星の陰陽師 31話 感想

強敵だったー聖丸をようやく撃破、紅緒はどうやって意識取り戻したんだっけ?

ろくろと紅緒セットだと十二天将よりも強い感じだよね?このまま最終章とか早くも行っちゃうのかな?
もうちょっと戦い見てたいけど、凄まじすぎるからこれ以上なんて想像できないな・・・

みんなの双星の陰陽師の感想はマンガノーツに投稿お願いしまーす!




One thought on “漫画 双星の陰陽師 最新31話 あらすじ 感想 ネタバレ 聖丸 VS ろくろ遂に終結

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。