漫画 いつかティファニーで朝食を 最新 第10巻 ざっくりあらすじ 感想

マキヒロチの人気漫画「いつかティファニーで朝食を」の最新第10巻を読んだのでざっくりあらすじと感想です。今回も名言だらけ、朝ごはんが食べたくなる!素敵な作品でした




いつかティファニーで朝食を 第10巻 キャラ別ざっくりあらすじ


リサ
リサは結婚式前日に父親と式の打ち合わせも兼ねて朝ごはんに
朝からやってるラーメン屋に

リサと米谷くんは式当日の0時に婚姻届を提出
式にはまりこたちも参加
リサは式の途中で緊張のあまりパニック症候群になるも
米谷くんのリードで平常心を取り戻し無事に式をおえた





のりこ
NYからリサの式のために一時帰国した
リサの式をみても自分が結婚したいのかよくわからないのりこ
NYに戻りコインランドリーで洗濯をしているとデカイ日本人に出会う

朝ごはんはチャイナタウンにあるカフェで
チアシードプディングとサマータコス

買い物してアパートに戻るとコインランドリーで出逢った日本人にまた遭遇する


まりこ
後輩の送別会後
ひとり新宿で映画を見て帰ることに
2本観て朝をむかえたまりこは映画館前の焼きそば専門店で朝ごはん

まりこは親のすすめでこんにゃく畑の跡取り息子とお見合い
まったく共通点が見いだせずお見合い終了
白藤さんがイケメン揃いの合コンをセッティングしてくれるもまりこは心惹かれず

リサの結婚式でまりこは友人代表のスピーチを。
まりこは幸せそうなリサを見ながら自分も幸せになりたいとスピーチ前に涙してしまう




いいな
幸せになりたい
私も誰かに愛されたいの

白藤さんと伊達ちゃんの誘いで代官山で朝ごはんするまりこ
美味しい朝ごはんで元気を取り戻す



うんざりするけど
奇跡なんて一日で起こりはしないのはわかってる
くり返してるのは私だけじゃなくて
きっとみんなだって知らないところで泣いている
誰かに愛されることが生きるための人間の欲求なら
朝ごはんを食べるように楽しく
毎日くり返せばいいじゃん



しおり
リサの式に夫と二人の子供を連れて参加したしおり
式を観ながら自分は今の夫と付き合ってすぐに結婚して子供が産まれたから
きっと恋を知らないと感じていて
これからまだ恋ができるのりことまりこを羨ましく思っていた

指揮が終わって
しおりの夫は香川への一泊二日旅行を提案
二人きりで久しぶりに旅行へ



夫の喜美は宿泊した旅館で
なかなか2人でデートとかできなかったけど
子供が大きくなったら旅したり美味しいものを食べたり
今までできなかったことをして過ごそうよと伝える

しおりは喜美の気持ちを嬉しく感じる
帰り道に寄ったうどんやで朝ごはん
喜美が美味しそうに食べる姿に喜美とはじめてごはんを食べた時に
笑った顔が好きだなって思ったことを思い出す

私は
恋を知らないんじゃなくて
忘れてたんだ
これからも 恋はできる
何度でも



いつかティファニーで朝食を 第10巻 感想

10巻も期待を裏切らない名言の数々に油断して涙腺緩んだ(笑)
リサの結婚式を中心に4人それぞれの物語が展開されていって
なんかオムニバスの映画を見てる気分になった
「結婚式」をきっかけにそれぞれが自分の人生を見つめ直すって共感できるよね

のりこのNYのお店はいつもどうやって取材してるんだろー
NY行った時にまとめて取材しちゃうのかな


刺さったシーンはのりこがリサの結婚式を終えNYへ帰るとこ
自分の人生について考えちゃうけどやりたいことをあきらめられない自分に
言い聞かせる言葉ささったなー

私は
常に今が一番楽しいって思える人生を生きたい


早く11巻読みたい!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。