漫画 終わりのセラフ 最新52話 ネタバレ あらすじ 感想 ジャンプSQ 2017年1月号

雑誌「ジャンプスクエア」に連載中の漫画「終わりのセラフ」の最新第52話「怪しいヤカタ」のネタバレ、あらすじと感想です。クローリーと優一郎たちが協力してフェリドとクルル・ツェペシを救う!果たしてクローリーの作戦とは?そして新宿ではクーデター直前。大阪へ向かったグレンたち…いろいろ展開が気になります



前話、第51話のネタバレはこっち


漫画 終わりのセラフ 最新52話 あらすじ

クローリーは優一郎たちとフェリドの第5邸(豪邸)へ
優一郎は屋敷を見て昔フェリドに捕らえられていた頃を思い出す
クローリーは中の様子を見てくると、一足先に館へ

館の前のだだっ広い噴水付きの庭園で待つみんな
ミカエラは優一郎に茜や家族を殺したフェリドを救おうとしているのは本気なのかと訊く
優一郎は「どうかな・・・」と迷いを見せつつ、「でもフェリドは茜を生き返らせらせることができるって」と答える
ミカエラは「信じるに値しないよ」と警告
「でもグレンが・・・」と反論しようとする優一郎にミカエラは続ける






仮にあの話を信じたとしても
終わりのセラフは死者を蘇らせた代償に人間を殺した
君の大好きな一瀬グレンとかいう男のせいで
世界は終わった
で 僕らはどうなった?


ミカエラ曰く、これは泥沼で
茜を生き返らせるには今度はどんな代償がいるんだ
優一郎にあえただけでもう十分だと

これ以上欲張ったら優ちゃんは・・・
結局第二の一瀬グレンに・・・
鬼になっちゃうんじゃないのか?



そこへ鳴海がふたりの口論に参加

いや もうそいつは鬼だろ
どっかの誰かが吸血鬼になった
そのことに責任を感じて
優は鬼になった






ミカエラは「・・・・あ」と責任を感じた表情
ミカをいじめんなよと優一郎
鳴海はいじめてるつもりはないがミカエラは
優と二人で逃げることばかり考えて建設的じゃないと指摘

ミカエラは反論する
逃げるべきときもある お前はフェリドのことをわかってない
それに人間は蘇生すべきじゃない
何度も終わりのセラフの実験を見た、酷い人体実験を

際限のない醜い欲望が最後に生み出すのは
絶望だよ


鳴海は「希望だ」と被せる
次は成功するかもしれない 人間はそうやって成長してきたと

シノアがふたりに割って入る
ミカエラは困った優一郎の表情を見て、みんなに謝る


・・・違う ごめん
二人だけで逃げようとしてるんじゃない
僕は不安ななんだ
僕の頭が悪いせいで また仲間を失うことが・・・







そしてミカエラは鳴海にフェリドが死体の人質を取っているから
操られやすいので気をつけるように言う

鳴海はあたりを再度見回し庭が荒れておらず木も剪定されていることから
この館に管理者が居ることに気づく

「全員武器を」と声をかけたところで館から男が出てくる

その吸血鬼はいきなり優一郎に襲いかかる
阻止する鳴海、しかし一太刀でふっとばされてしまう
吸血鬼は貴族で剣の力を呼び起こそうとする
間髪入れずにミカエラが剣で斬りかかる、他仲間たちも援護に向かう
しかしミカエラは両腕を切り落とされてしまう
優一郎は阿修羅丸を呼び、ミカエラと吸血鬼の間に割って入り太刀を受けるが重さに耐えきれそうにない
シノアと三宮三葉が二人を間一髪で救う





優一郎は敵の強さに驚きながらも確信する

あいつとんでもなく強ぇな
でもたぶん陣形組んでみんなでやれば

俺たちは
勝てる



吸血鬼の男は「つきあってられないな こっちはバケモノに追われてるんだ」と優一郎たちを残しそのまま去ろうとする
そこへ館からクローリーが戻ってくる

やあ どこに行くんだい?
フオラ・オント君


フオラの前に立ちはだかるクローリーに
フオラは十三位のお前が十位の私に太刀打ちできるはずがないと剣を抜く

しかしクローリーは時間のムダだとフオラを秒殺、首を切る
クローリーの強さにびっくりする優一郎たち
クローリーは陣形を見て懐かしい、人間だった頃にやったと優一郎たちに戦いを挑む






全く歯が立たなかった優一郎たち
優一郎は「前より全然強ぇじゃねぇか!!!」と怒る
クローリーは前は手加減してたしと答える。鳴海が十三位なのになぜ十位に勝つ?のか訊く
クローリーは答える

表向きは十三位ってことになってるけど
僕は実力的には
ほんとは七位なんだ


7位のフェリドに血を与えられたら本来はちょうど十三位くらいの強さと地位になるんだが
実際には第二位の血をフェリドに飲まされたのだ
クローリーを知っている上位始祖はクローリーを十三位と一瞬あなどるから
アドバンテージになるのだという

ミカエラが強さと地位の詐称はいつからだと尋ねる
吸血鬼にされてからずっとだから800年前だと答えるクローリー
ミカエラはそれをずっと計画していたであろうフェリドのことはやっぱり信じられないと言う
同感だよとクローリー、いっそ救うのをやめようかと提案するが優一郎は宣言する

いや
救うと決めた
フェリドにはまだ話を聞く必要があるし
女王には家族を救われたんだ
だから助ける







クローリーは応じる

じゃあ急速に強くなる必要があるね
今日の君らは十位に苦戦
七位の僕に全滅だったけど
これから戦う相手は僕より格上



第5位だ





終わりのセラフ 53話へつづく


漫画 終わりのセラフ 52話 感想

クローリーさんかっけーなエピソードでしたね
実は七位の実力ってフェリドとは遜色ないくらいで、でもフェリドのほうが強いのか
フェリドも実はまだ本気出してないのかな・・・
クローリーはどうやってみんなを強くするつもりなのか気になるね。
館になにか秘密があるのか?ここで修行するような時間は日光拷問が最長10日ってことを考えるとあんまりなさそうだね
また秘薬とかなのか?武器だとテンションが上がるなー

終わりのセラフの感想はマンガノーツ






One thought on “漫画 終わりのセラフ 最新52話 ネタバレ あらすじ 感想 ジャンプSQ 2017年1月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。