漫画 終わりのセラフ 最新47話 ネタバレ あらすじ 感想 ジャンプSQ 2016年8月号

雑誌「ジャンプスクエア」に連載中の漫画「終わりのセラフ」の最新第47話「祈りのダイショウ」のネタバレ、あらすじと感想です。遂に明かされるグレンの謎!驚愕の事実がーああああああ

前話46話のネタバレはこっち



最新、第48話のネタバレはこっち


終わりのセラフ 47話 あらすじ

新宿
到着した車から降りたのは柊暮人
暮人は後ろに停車した車に近づきグレンに声をかける
暮人は終わりのセラフを完成させたことを報告しに渋谷へ向かい
そして父を殺すという

まだ柊天利のちからは大きいけど大丈夫なのかと聞くグレン
2割の兵を味方につけ、そして「終わりのセラフ」があると強気の暮人
天利を殺し、当主交代を宣言すると新宿でも内紛が起こるだろうから
それを抑えて欲しいとグレンに頼む
自分が裏切ったらどうする?と言うグレンに「柊を殺し主従の呪縛からとく放たれるのは長年の夢だろ?」と暮人は説得
去り際に深夜は必要な人材だから説得するように言い残す


動かなくなったバスを修理してエンジンをかけるクローリー
フェリドはシノアたちに乗るように告げる
シノア達はバスに乗り込む
フェリドは鳴海に声をかけ、茜とおなじく死んだ鳴海の仲間たちをちゃんとびん詰保管しているから安心しろと言う
苛立つ鳴海を遮り、君月は「終わりのセラフ」について「蘇生」とは何だとフェリドに問いただす
優一郎が目を覚まし「おまえの話は信じない お前は嘘つきだ だがグレンの話は聞いてやる 話せ」と言う
フェリドは
じゃあ話はそこから始めようかなぁ
これも終わりのセラフの話だしね

と語り出す



新宿
深夜の牢屋を明けさせたグレン
君は仲間を裏切って殺したと深夜は白虎丸を取り出しグレンに向け構える
言い訳をせず避けようともしないグレンに
「理由を言え!!!言ってくれ!!! お前はこんなことをする奴じゃなかった!!」
「鬼だ 鬼に取り憑かれてるんだ そうだろ?」と取り乱しながら深夜は問い詰める
真昼にも鬼にも取り憑かれていないと冷静にグレンは答える


バス
フェリドはグレンは仲間の死に取り憑かれているんだと説明
八年前、柊深夜、五士典人、十条美十、花依小百合、雪見時雨が死に
そして蘇生されたと

だけどこの世界で生命の蘇生は許されていない
心の狭い神様はお怒りだ
代償は大きい とても凄いよ
一体何が起きたと思う?
世界中の人間がウイルスで死んだ
一瀬グレンはずっと
その罪と罰に独り取り憑かれている


つづく



終わりのセラフ 47話 感想

グレンの闇が解き明かされる!はやくフェリドさんの話の続きが聞きたすぎる!
そして天利を倒すと向かった柊暮人、こちらもどうなるんだろうねー

終わりのセラフの感想はマンガノーツに!

2 thoughts on “漫画 終わりのセラフ 最新47話 ネタバレ あらすじ 感想 ジャンプSQ 2016年8月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。