漫画 PとJK 最新 第27話 あらすじ 感想 ネタバレ 別冊フレンド 2016年6月号

別冊フレンドに連載中の漫画「PとJK」の最新話 第27話のあらすじと感想です。映画化するんだねー知らなかった!功太が亀梨くんってピッタリな気がする


最新28話のネタバレはこっち


PとJK 第27話 あらすじ

仕事終わりの功太に、最近カコちゃんを見かけないねと声をかけるもっさん
功太はなんか忙しいみたいですよとそっけない返事

もっさんはこれから飲みに行こうと功太を誘う
功太は完歩の自主トレがあるからと断るが
自主トレ後のビールは美味しいよと言われ、やっぱ後で行きますと返答

自主トレする功太
途中でベンチに座るうさぎ(かぶりものしたバイト中の二郎)を発見
功太は無視して走り去ろうとする

うさぎ二郎は功太にシカトだめ!と声をかけかぶりものをしたまま追いかけてきて
相談にのって欲しいと功太に迫る
功太は走って振り切ろうと考えて、「わかった、走りながら言え」とムチャぶり。
しかし二郎はかぶりもののまま並走してくる(得意科目は短距離走です!)
二郎は「自分のスペック以上のものを期待されちゃったらどうします?」と功太に相談(走りながら)
仕事での話か?ときく功太
俺のことをヒーローのように慕って尽くしてくれる後輩がいると答える二郎に
功太は恋愛相談は友達にしろ!と怒ってスピードをあげる
二郎は三門と平助には相談してふたりとも応援してくれてるという
功太は二郎が三門にも相談しちゃってるのを知りカコが忙しそうにしている理由を察する
二郎は頑張ろうと思うけど、実際に後輩にあうとキラキラした目で見られて戸惑うし、自分がただ運がいいだけのアホだと気づかれたら
もうこんな顔してくれないだろうな・・・と



功太は気持ちはわからなくもない、好きな女に対しては慎重になると同意しつつ
二郎は性格も明るいし顔だけはいいんだから自分を卑下するなとアドバイス
二郎は中学も高校も最初はモテるけど3日でアホなイジられキャラだとバレてブームが去ったことを話す

あっそじゃあ と速度を上げて去ろうとする功太
ひどい アドバイスくれと食い下がる二郎
うじうじしている二郎に功太は

おまえが一番信頼している人間は誰だ
自分を信じられないなら
そいつの言葉を信じろ
俺なんかじゃなくてな


以上、仕事に戻れ!と伝える。二郎は走り去る

部屋に戻るとカコが来ていた
元気だったか聞く功太に、元気だけどちょっと寂しかったとカコ
カコはひっついてもいい?と運動後で汗臭いと拒否る功太に襲いかかる
ふたりはソファーで抱き合う
そこにLINEが。カコは三門の家に今夜泊まりに行く

(功太の心の声)
「うちに泊まればいいのに」
とは口が裂けても言えない
言ったらどんな顔するんだろう
永倉の気持ちはやっぱりわからんでもない
・・・まあ  がんばれ永倉
俺はまだまだ慎重に行く
・・・たぶん


飲み会に行くから送っていくという功太
玄関でリコは功太にキスする



PとJK 第27話 感想

悩める二郎になんだかんだちゃんとアドバイスしてあげる功太、やさしいな―。
二郎良いキャラすぎる、二郎エピもっと増やしてほしいな
あと功太、LINEしなよ!

One thought on “漫画 PとJK 最新 第27話 あらすじ 感想 ネタバレ 別冊フレンド 2016年6月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。