漫画 プラチナエンド 第3話 あらすじ ネタバレ 感想 ジャンプスクエア 2016年2月号

雑誌「ジャンプスクエア」に連載中の「プラチナエンド」の第3話の感想とあらすじだよ。ネタバレ注意。高校生活が遂にスタート!かと思いきやライバル登場!?

前回のプラチナエンド、ネタバレはこっち



プラチナエンド 第3話 あらすじ

赤の矢で惚れさせた男にヒーロースーツを用意させた謎の男
1ヶ月後にまた屋上に来てくれと頼みスーツを来て空に飛び立つ


ミライは無事高校に受かり、叔父を赤の矢で自首させ返金されたお金でマンションを購入
いわゆる普通の幸せに近づいていたが、ロドリゲスが白の矢で殺されたことがひっかかり落ち込みつつ街を歩く。
街頭ビジョンにヒーロースーツ姿の男が登場、「メトロポリマン」の衣装をまとった男は夕方のニュースで銀行強盗をやっつける映像とともにインタビューに答える。白の矢で犯人を殺すメトロポリマン、観客やニュースキャスターは絶賛するもミライとナッセはメトロポリマンが最初から犯人を殺す気だったことに気づく


メトロポリマンは「12匹の敵を倒しに来ました」と宣言
1匹は既に倒した残りの11匹よかかってこいとあおる
メトロポリマンは撮影後家に戻る。正体は高校生男子だった。



ミライはメトロポリマンにビビリ、ナッセに神候補から外して欲しいと頼む
ナッセは神候補から外れるためには翼と矢を返してもらうことになり
そうするとミライは死ぬんだと教える
神候補になる人間は生きる希望をなくした人間、つまりは今の世の中に不満があり
変えたいと思っている人間だと


ミライは特級天使の数をナッセに確認する
特級天使が翼、赤の矢、白の矢を持ち、おそらく3羽存在(1級が特級天使に昇格することもある。逆に降格もある)


ミライは明日入学式だったが家にこもってようかと考えていたが
閉じこもったままだと幸せになれないと決心し、ナッセと離れてひとり高校へ行くことにする
ナッセは家でお留守番。ちゃんとミライが好きな咲ちゃんに赤の矢を刺すようにアドバイスするがミライは矢を使ってて殺されたロドリゲスや矢で人を殺したメトロポリマンを見て好きな子に矢を使いたくないと拒否


高校にいくと天使を発見。目を合わさずに通りすぎようとするがすぐにバレる
天使がついていたのは咲ちゃんだった。
咲はミライを赤の矢で刺す



プラチナエンド 第3話 感想

メトロポリマンと咲ちゃん登場で13人の上候補の内4人が既に判明したね
既に内3人が高校生って…日本の高校生病みすぎでしょ(笑)
神候補の条件が「今の世の中に不満がある人間」だからリーマンとか主婦とかもでてくるのかな


台詞の端々でうまく説明入れてくれてて小さい疑問も解消されるし、細かい設定が話を面白くしてるなー
ベタな展開だとメトロポリマンがライバルっぽくなるのかな、咲ちゃんが超悪キャラでかきまわしてくれると面白くなりそう!

2 thoughts on “漫画 プラチナエンド 第3話 あらすじ ネタバレ 感想 ジャンプスクエア 2016年2月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。