漫画 プラチナエンド 最新第8話 ネタバレ あらすじ 感想 ジャンプSQ 2016年7月号

「ジャンプスクエア」連載中の漫画「プラチナエンド」の最新、第8話のネタバレ、あらすじと感想です。新キャラ六階堂が社会人らしく今回も大活躍!



最新第9話のネタバレはこっち


プラチナエンド 第8話 あらすじ

東京スカイツリーっぽいタワーのうえに女子中学生の死体。死体に群がるカラスたち

軽井沢の別荘
ぬいぐるみでいっぱいの部屋で女子中学生とキスする謎の女
そこへメトロポリマンスーツをきた男が登場
「さすが連続殺人犯少女A もう次のJCか」
「鍵くらい閉めておけ あと声でけーよ」

女は「メトロポリマン様ぁーーー♡」と反応
メトロポリマンは「まぁいい言われたことはちゃんとやれよ」と言い残し去る

女は中学生に目隠しをし、ナイフを取り出す


六階堂とミライたちはTVのニュースを見ながら脱走した女子中学生殺人犯の女の顔をググる
名前は通称ミスリンこと山田美々々
元読者モデル

脱出時は脱出というより職員に見送られて少年院を出て、急に消えたとの証言がTVで流れ
赤の矢が使われていて翼も持っていることを察し。
おそらく神候補を誘い出すためメトロポリマンが手を貸したのだろうと考える



六階堂はメトロポリマンを殺せば少女Aもただの少女に戻るからメトロポリマンを殺そうと提案する
白の矢を持っているのはミライだけ。ミライは人を殺したくないとプレッシャーを感じる
六階堂はミライにそんな考えは甘い、咲ちゃんがメトロポリマンに殺されそうになっていると仮定して
ミライが赤の矢か白の矢どちらか1本だけ気づかれずに刺せる立場にいたらどうする?と迫る

ミライはその場面を想像する
赤の矢をもし仲間に撃たせていたらメトロポリマンに赤の矢は刺さらない
白・・白‥とつぶやいている間、咲ちゃんがメトロポリマンに白の矢を刺される場面を目にし
やめろーと発狂。白の矢で殺すなんて・・・と落ち込む

六階堂は今日はここまでにしておこうと部屋を出る


メトロポリマンはこの作戦で神候補がつれるかな?と天使と話をする
「誰も来なくてもいいけどね南河の願い(ブスが減る)は叶うわけだし」

六階堂はニュースでタワーの上で女子中学生の死体が発見されたことを知る
女子中学生が渋谷で遊んでいたことを告げるTVのニュースを聞き閃き
天使のバレと一緒にミライのもとへ飛んで行く

六階堂は銃を詰めたバッグを持参していた
ミライと咲ちゃんに銃を手渡す。白の矢は外傷が残らないから、殺す=白の矢と考えるやつに対してかなり有効だと説明。
ミライは六階堂が殺人者になったら子供が悲しむと説得するが
六階堂は
「誰がどうメトロポリマンをしとめようと しとめた奴は全てが明らかになった時に英雄になる」




子供達のために
何もできなかった
何もしようとしなかったパパにはなりたくない
せっかく神候補になったんだ
自分は責任を持ってやれる限りのことはやる


六階堂たちは少女Aが33日で赤の矢をさせるのが14人だと考えていたが
赤の矢を刺した人間が死ぬと矢が使った人間に戻ることを知り急ごうと言う

六階堂はミライに、「殺せ」とは言わない
メトロポリマンに赤の矢をさせればいい
どうだきてくれるか?と迫る。

「もちろん行きます」とミライ

軽井沢の別荘
中学生を刺殺し血まみれの少女Aことミスリン
赤の矢がミスリンの手に戻る

「じゃ次のフルーツ(彼女)取ってこよ 渋谷渋谷」

続く

プラチナエンド 第8話 感想

ミスリン怖い。
このパターンで殺人者に赤の矢を渡して操れると強いよね。ミスリン以外にもいたりするんじゃないのかな
社会人代表、六階堂がどうやって戦うつもりなのか楽しみだな、銃で殺す発想は無かった。確かに白の矢とか赤の矢つかおうって考えちゃうね・・
前回からもうこの漫画主役六階堂だねw

六階堂のバッグの中、絶対コスチュームだと思ったのに・・・銃かよ(笑)

プラチナエンドの感想はマンガノーツに書き込んでくれると嬉しくて泣く

One thought on “漫画 プラチナエンド 最新第8話 ネタバレ あらすじ 感想 ジャンプSQ 2016年7月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。