漫画 orange オレンジ 特別編 後編① ネタバレ あらすじ 感想 アクション2017年1月号

雑誌「アクション」2017年1月号に掲載のアニメも映画も大ヒットした漫画「orange」オレンジの翔が亡くなった世界のその後を描いた特別編 orange-須和弘人-の後半1のネタバレ、あらすじと感想です。映画「orange -未来-」も公開!最終回後のパラレルワールドで繰り広げられた須和と菜穂の物語です



前話、前編のネタバレはこっち


漫画 orange オレンジ 特別編 後編① あらすじ

須和は花火を見ながら想いを伝えるも
菜穂に「私が翔が好き ずっと 一生好き」と断られ、しばし回想の世界へ

俺は 翔を利用した
高2の大晦日の夜
菜穂に告白したあの日だって
俺は自分の事しか頭になかった

菜穂の気持ちも
翔の気持ちも
どうでもよかった

菜穂にとって何が幸せか
考えればすぐわかったのに
ただ自分が
幸せになる事しか考えてなかった






(大晦日の夜)
「翔に嫌われたかもしれない・・・」と泣く菜穂を慰めようとする須和
菜穂を抱きしめて翔より好きだと告白するも
菜穂は抱きしめられている須和の腕を解き、
「私が翔が好き ずっと…好き」
「ごめん」
と走り去ってしまう

(須和の気持ち。回想終わり) 
フラれるのはわかってた
けど
菜穂なら断れないんじゃないかとも思ってた
バカだった


須和は菜穂のバイト先の弁当屋を訪ねるも
菜穂は新しいバイトがくるまでの繋だったらしくもう辞めていた





大学のキャンパスで菜穂を見かける須和
菜穂は誰かに言い寄られていた。須和に気づき目が合うが、須和は目をそらして行ってしまう

わかってた
菜穂には
俺なんて
見えてなかった事
高校の時から今でもずっと


(回想シーン)
文化祭のプールの家
翔に須和は俺にじゃんけんに勝ったら
後夜祭の花火、菜穂と2人で見てもいいけどと提案する
翔はシャワー係やらせてくれたから、花火は須和が行ってよととりあわない
須和はそれでも構わずじゃんけんをはじめる
勝ったのは翔。須和は悔しがり「今回だけだからなっ 次は俺が勝つし!」と言う
須和の計らいに笑顔で「ありがとう」と伝える翔

菜穂の気持ちも知らずに
俺に行けって言った駆に
少し腹が立った
俺が行っても菜穂は喜ばないのに
(回想シーン終わり)






須和はあの日菜穂と翔がもしかしたら付き合うのでは?と思っていた
少し邪魔したくなったがしなくて良かった
あの二人を見ると自分が汚く思えて腹が立っていた

須和は夜突然菜穂の家を訪れ、城山公園に連れ出す
夜の展望台へ菜穂を連れて行く須和
菜穂には目を閉じさせて、展望台のてっぺんで目を開かせる
菜穂は「きれい」と夜景に感動する

松本の夜景は翔が菜穂に見せたがっていたものだった
秋から冬の空気が澄んでいる時期が一番きれいに見えるのだと翔は話していた



ずっと羨ましかった
いつも翔が語る夢は
きっと菜穂も同じ夢だから
羨ましかったし
悔しかった
応援なんてできるわけないのに
本当は翔だってそうだったんじゃないのか?
「応援する」なんて
おまえはどんな気持ちで言ったんだよ


須和は「翔・・・どこかで見てるかなぁ」と涙を流す






俺は翔になりたかった
あの時もあの時もあの時も
今日だって俺じゃなければ
菜穂はどんなに幸せだっただろう


泣く須和にハンカチを差し出し涙を拭いてやる菜穂
菜穂も涙する

ごめん
翔の代わりになれなくて
ごめん


(回想シーン)
翔と須和が一緒に帰る
菜穂の誕生日を訊く翔に
須和は菜穂の誕生日(3/14)がホワイトデーだと説明
須和は翔に菜穂とつき合えたら誕生日何してあげる?と質問
フッ好きだねと笑う翔は逆に須和は?と訊く
須和は「ボーリング行ってカラオケ行って焼肉行って 赤いバラ100本渡す!」と目を輝かせる
ブブッと笑う翔、須和のセンス好き、ただの打ち上げじゃんと
須和は笑う翔に恥ずかしがりながら翔だったらどうんだよ!と再度聞く
翔はサプライズがいいけど思いつかない
つき合えたら考える
と答えた

(回想シーン終わり)




あと3ヶ月で菜穂の誕生日
そして来週はクリスマス
須和はつき合えるわけないからクリスマスは諦めることに決め
誕生日に何をするか悩む

冬休み
須和は里帰りした萩田と再会する
萩田はメガネをしていなかった
明日貴子も帰ってくるらしくみんなで会うかと提案するも
萩田は用があるから俺はいいと断る
須和は2月の墓参りは?と聞くが萩田は行けたら行くと答え
また高校の時みたいに仲良くしようという須和にもう翔もいないんだから
5人でいても寂しいだけだと釣れない
須和は翔をいない事にするなよと反論

菜穂の嬉しそうな笑顔が見たい
翔が必要なんだよ
俺じゃ・・・ダメなんだよ・・・





萩田はあずさから菜穂が須和と会うようになって最近良く笑うようになったって聞いたと話す

「翔はいないよ
今・・・高宮が向き合ってるのは
おまえだ
須和」



菜穂を心から喜ばせる事
俺にもできるのかな



orange 特別編 後編②へつづく

漫画 orange オレンジ 特別編 後編① 感想

前話同様に須和視点でストーリーが展開されて
須和は翔の想い出を辿り、どうにか菜穂を喜ばせようとするけど
そうすればするほど虚しくなるというか、自分じゃダメなんだって気持ちを募らせていくんだねー

須和の苦しそうな様子がじわじわと伝わってくる
菜穂の頑なな「私が翔が好き ずっと 好き」発言もグサッとくるけど
なんだかんだでメゲない須和は鉄のハートだね・・・



次回でほんとに最終回かな?後編まさかの2分割とは(笑)
アクション編集部さん・・・・実は3分割とか無しだよ!
次回は全員集合するかな。そして菜穂は何がきっかけで自分の須和への気持ちに気づくのかな?
須和のことが好きになっても「ずっと好き」なのは翔なのかな・・・・・・


One thought on “漫画 orange オレンジ 特別編 後編① ネタバレ あらすじ 感想 アクション2017年1月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。