漫画 虹色デイズ 最新第52話 ネタバレ あらすじ 感想 別冊マーガレット2016年11月号

「別冊マーガレット」で連載中の人気漫画「虹色デイズ」の最新 第52話のネタバレ、あらすじ、感想です。東京行きを考えるつよぽん、ゆきりん残して行っちゃうのかー?



52話の続き、最新第53話のネタバレはこっち
前話、第51話のネタバレはこっち


漫画 虹色デイズ 第52話 あらすじ

ゆきりんはつよぽんが東京行くかもと知り少し落ち込んだ様子
離れたくないけどつよぽんの進路なので自分が何かを言う権利はないと考えていた

放課後、寄り道気分だったゆきりんは本屋を探索
つよぽんが探していた本を発見し本棚へ手をのばすと
同時によこから手が伸びてくる。
まるでつよぽんと出逢ったときと同じように。
手は他の高校の女子生徒のもので、取ろうとしていたのはゆきりんが取ろうとした本の隣の本だった
ゆきりんはつよぽんと出逢った時のことを思い出す





初めて会った時
びっくりするくらいの直感で
運命を感じたよ
またどこかで会えるって
きっと一緒にいるようになるって
なのに離れるのかな
会えなくなるかもしれないのかな・・・
つよぽんぬ・・・


本屋に夏樹と恵一もやってきていた
夏樹は問題集を買おうとしていた
二人の会話を耳にするに、どうやらみんなもまだ東京行きの可能性については知らないようだ

ゆきりんは1人でつよぽんが悩んでいることを理解し
落ち込んでないで背中を押して応援することに決める


つよぽんぬに
何を言われても大丈夫!!
安心してね
私は全てを受けとめるから


つよぽんは図書館で勉強しながら
先日ゆきりんが東京行きのことを知って不安にさせてしまったことを思い出し反省する




下校時刻
つよぽんは希美に下駄箱で遭遇
疲れた様子のつよぽんに希美は前に恵一と遊んだときと雰囲気が似ていると言う
その時恵一がなにか言っていたか聞くつよぽん、希美は
ずっと夏が続けばいいのにって言葉が気になったと答える
つよぽんはそれはオレのせいかもしれないとキャンプに行った時にそんな話を恵一としたことを希美に告げ
学校を後にする

つよぽんはロマンチストな恵一を少しうらやましく思いながら
自分の頭の中を整理することにする
つよぽんも2年の頃まではなんとなく札幌の大学へ行くと漠然に思っていたけど
3年に上がってすぐくらいに父親が東京の大学に行っていたことを知り
いままで考えたことのなかった選択肢が増え迷うようになった。
たくさん大学を調べるようになったら新しい欲求が生まれた。
もっといろんなものを見たり、知ったり、経験したいと
調べれば調べるほど視野は広がった

新しい世界へ惹かれては
戻っての繰り返し
悩んで
迷って
逃げるように進路を白紙で出した





そこへゆきりんから「こないだ見つけた本 いつ渡しますー?」とLINEが入る
つよぽんは自分が大人なら一緒においでといえるのにと未熟な自分を責める

でもまだ子供だから
どんな大人になるかは
これからの自分次第だから
こんな答えを自分勝手だと
薄情だと思うだろうか
みんなにわかってもらえるだろうか
ゆきりんは

何度考えても
悲しむ顔しか浮かばない




涙を流すつよぽんはゆきりんに電話して今から会いたいと伝える

虹色デイズ 53話のネタバレはこっち

漫画 虹色デイズ 第52話 感想

つよぽんぬ、せつない
4人の中で一番考えてるね(笑)ちゃんと
選択肢が広がるからその分迷いも増えるんだよね!
ゆきりんと一緒でつよぽんは絶対東京行くべきだと思う。ここまで調べていかなかったら
きっとあの時こうしてれば・・・・って後悔するよ

虹色デイズの感想はマンガノーツ


2 thoughts on “漫画 虹色デイズ 最新第52話 ネタバレ あらすじ 感想 別冊マーガレット2016年11月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。