漫画 君に届け 最新108話 あらすじ ネタバレ 感想 別冊マーガレット2016年4月号

雑誌「別冊マーガレット」に収録の漫画「君に届け」の最新108話のあらすじと感想だよ。ネタバレ注意!今回は久しぶり?に風早登場!


君に届け 最新108話 あらすじ

爽子はあやねがピンのことを想っていることを察し自分が高1の夏休みに風早のことばっかり考えていたことを思い出す

風早の声が聞きたくなって電話する爽子、風早はお母さんが入院しちゃったので家族のご飯を作っていた
爽子は風早の家へ夕飯の余り物を持って訪問する
弟のとたくんに「ちゅーすんの?」とか「新婚」とかからかわれるふたり

そこへ、仕事を終えた風早父が登場。風早の焦げたチャーハンを見て爽子の持ってきてくれたお重(あまりものをキレイに詰めた)に感謝する
爽子はお味噌汁も作る
父はお礼に爽子にアイスをあげる

風早は父が爽子に心を許しているのをみて、爽子が昔と随分変わったのを感じ微笑む

爽子が洗い物をしている間、風早は父の仕事の後片付けを手伝わされる
父親に家のことを言い訳にして、甘えて店を継ごうとしてないかと詰められる。言い返しそうになる風早、しかしグッとこらえて父の話を聞く



風早は父の話をきいてから、自分が店を継ぎたいと最初に思ったのは、父親に認めてもらおうと考えたからだからだと認める
だけど今は違う、父にしばられて言ってるわけじゃなくて大学行ってスポーツトレーナーの勉強がしたいと考えていると
口を挟みそうになる父に、最後まで聞いて欲しいと風早。

俺は店もトレーナーもやりたいんだ・・・!

(回想シーン)
風早はピンとの進路指導面談で店を手伝う気だから野球はもうやらないという
ピンは地元の大学を勧める。スポーツ科学科に興味をもった風早はトレーナーが部活やってる高校生にも関われることを知り
やりたい!ここ受験したい!と言う

(現実戻る)


やりたいことたどったら
父ちゃんがいた
こういう風に育ったから
やりたいって思ったんだと思う
ここにいたいとか
母ちゃんが心配とか
そういうのも全部
俺の気持ちで
店継ぎたいのもトレーナーになりたいのもここにいたいのも
全部俺のやりたいことだ!
甘えてるっていわれたらそうなのかもしれない
…お願いします 甘えさせてください
大学行かせてください!



頭を下げる風早に父は何も言わず店を後にする
風早は爽子を家まで歩いて送る
道すがら父親にやりたいことを伝えたことを報告



・・・今まで認められなかったことも
恥ずかしくて言えなかったことも
言いたくて言えなかったことも
黒沼のおかげで
全部言えたよ



君に届け 108話 感想

風早のやりたいことようやく聞けてスッキリした(笑)
父と息子関係がテーマだった。いつもより風早が男っぽく見えた。
・・・やりたいことが行き当たりばったりな感じはしたけどwこの辺はもうちょっと今後不可ぼられるのかな―



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。