漫画 春待つ僕ら 最新 第27話 あらすじ 感想 ネタバレ デザート2016年11月号

雑誌「デザート」で連載中の「春待つ僕ら」の最新第27話のネタバレ、あらすじと感想です。あやちゃんとの勝負編が終わり新展開がスタート!



27話の続き最新第28話のネタバレはこっち
前話、第26話のネタバレはこっち


漫画 春待つ僕ら 第27話 あらすじ

合同練習後
バスケ部の洗濯カゴから永久のリストバンドを発見するマキ(女子バスケ部1年)
浅倉君の!と感動するがリストバンド中に文字が書かれているのに気づく



Words Cafe
今日は後味わりーなーという瑠衣
試合に負けたからだけでなく「それ以上に最後のアレがさぁ・・・」と言いながら
永久に「美月のこと好きなの?」と聞く

動揺して飲み物をこぼす永久
瑠衣は「だって好きじゃなきゃあんなことしないって 美月のほっぺにキ…」と言いかけたところに
永久がおしぼりを投げて制止
見てたのか・・・という永久に瑠衣はおまえも一緒に見てたじゃんと
自分のことじゃなくあやちゃんがキスしたことを話していたと理解する




瑠衣は俺達の前で見せつけるってことは「おまえらさわんなよ」ってことで
あやちゃんはチャラいんじゃなくてめちゃくちゃ本気だと言う
竜二は本気ならいんじゃね?美月も傷つくこと無いんだし
実際邪魔なのはこっちだぞと言う

瑠衣はほっとけない
俺 美月が神山のモノになったら嫌だもん
と言う
惚れたのかという竜二を否定し
派手な神山(あやちゃん)と付き合ったら美月が苦労するのは目に見えてると

女の子には自然体で笑ってられるような相手が絶対必要だと思う

と自論を展開する

そこへ美月がノートをわすれたと店へ普段着でやってくる
美月は永久と目があい赤面する



瑠衣は「まだあのこと気にしてんの?」と声をかける
「美月は慣れてないから気まずいのもわかるけどさ
俺らは全然気にしてないよ?」

美月は永久の方へチラっと目をやる、普段どおりの永久の様子を見て
「だよね やっぱり」と照れ笑いしながら答える
ノートが見つからず店の裏を探すことに。瑠衣も店の裏が見たいと付いていく

竜二は瑠衣が美月の事好きなようにしか見えないと言う
恭介は瑠衣も自分でわかってないのかも
そして今までのほとんどが自分から好きになってないし
深入りしてんのはまだ一回も見たこと無いしと説明
ちなみにさっきの「女の子には」発言は恭介が瑠衣に昔言ったことらしい

恭介は瑠衣はもしかしたら神山への対抗意識でああなってるだけかもと分析
昔も永久をライバル視して2月14日のバレンタインデーかつ瑠衣の誕生日に
永久にチョコの数負けたと凹んで練習後失踪したことがあった




永久いわく実はチョコの半分はバスケのコーチであるおじいちゃんの分だったんだという
言ってやればよかったのにと竜二、数とかあんまり気にしてなかったと永久
恭介は
永久は必要最低限なことしか言わないから
瑠衣がかってにやきもきしてたんだよ
だから今回も神山に・・・って思った
と言う

お店の裏側では瑠衣が美月のノートを発見し渡してやる
お店に戻ろうとする美月に瑠衣は神山のことを本当はどう思ってるのと聞く
幼馴染と答えようとする美月を遮り、瑠衣は
神山のことが気に入らない。美月が神山のものになっちゃうのはヤダけど
本当に美月が望むことなら応援してあげたいと思うかもしんないと言う

二人の会話をお店の裏へ行こうとしていた永久が聞いてしまう

美月は「正直言うとよくわからない だから今はとにかく 約束を守ろうと思う」と答える
もう人に引け目を感じたりするのは嫌だしやりたいと思ったことはやってみる
今までさけてきたこといろいろとちゃんとやって自分変えて高校生活こそは充実させようと思って
約束を守ってる間はそれを頑張ろうと思ってる
そしたらみんなと同じ目線で感じたり考えたりできるかなって
と言う



瑠衣は同じ目線って大げさな・・・俺らとはたいして変わんなくね?
全然変わんないよと美月に顔を近づける

その時扉が開き永久が登場
「自分で自信持って思えなきゃ意味ないってことでしょ?」と言う
そうなのと同意する美月
帰ろうとする美月に永久は寒いからと自分のパーカーを手渡してやる

美月が居なくなった後、瑠衣と永久は美月の約束ってなんだろうと話す
神山との約束かと思っていたが実は永久に言われた「強くなるから待ってて」のことだった

待ってる
私も頑張る
頑張ろう


翌日
美月は昨日見つけたノートを学校へ持ってきた
ノートには学園祭の模擬店のための情報がびっしりかかれていた
カフェのお客さんから教えてもらった情報だという
文化祭の模擬店の準備が早速開始。レイナが自ら衣装系は全部私が1人でやる!と頬を赤らめながらよだれを垂らす

美月の教室へ委員会のスケジュール表を渡しにマキがやってくる
体調が悪そうなマキを心配する美月、マキは身体はピンピンしてると言いつつ去る
廊下で瑠衣とぶつかってしまったマキ、思わず腰を落とし目に涙を浮かべ
「なんであの時言ってくれなかったの?」と体育館で瑠衣に永久に好きな子がいるのか聞いたときのことを責める

瑠衣は体育館へ向かう永久を呼び止めリストバンドをめくる

おまえ・・・好きな奴いたんだ

28話へつづく



漫画 春待つ僕ら 第27話 感想

瑠衣が大活躍の回でしたね。正確には「活躍」ではないけどw
今まで永久以外のバスケ部メンバーって正直目立ってなかったというか
出番あんまりなかったから嬉しいな!竜二の恋も進展させてあげて欲しい(笑)

瑠衣と永久と美月の三角関係はちょっとなさそうな気もするけど
瑠衣何考えてるかまだ?だから次回も引っ掻き回しつつ出番多めを期待してます!w

春末僕らの感想はマンガノーツへ 

2 thoughts on “漫画 春待つ僕ら 最新 第27話 あらすじ 感想 ネタバレ デザート2016年11月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。