漫画 春待つ僕ら 最新 第24話 あらすじ 感想 ネタバレ デザート2016年7月号

雑誌「デザート」で連載中の「春待つ僕ら」の最新第24話のあらすじと感想です。ネタバレ注意!公園花火デート編も佳境。ふたりきりになった美月と永久、どうなっちゃうのーーー



続きとなる、最新第25話のネタバレはこっち

デザート8月号には25話じゃなく番外編が収録

前回23話の春待つ僕らネタバレはこっち


春待つ僕ら 第24話 あらすじ

永久と美月が戻ってこないのを心配するナナさんは様子を見に行こうとするが恭介が火傷は大したことないから大丈夫とフォローする
永久は美月に少し歩こうと誘い水飲み場から離れようとする
美月は永久に冷やさなくていいのか確認するため、赤くなっている指に触れる
永久は照れた様子でとっさに手を引っ込める
歩き出す永久、その時美月のスマホに電話が。美月が少し離れて話している間、噴水の縁に腰掛け永久は指を冷やしていた。
さっき美月に触れられたことを思い出し赤くなる永久。

美月の電話は文化祭の委員役を探しているという内容だった。
バスケの練習見に行けないのが嫌だし、向いてないから…と美月は委員をやることにためらいを見せながらも
中学時代は委員やってた子を見て憧れていたことを話す
永久は「じゃあやってみたら?」と背中をおす



高校ではいい思い出をいっぱいつくって今まで出来なかったことをやりたいと
美月は文化祭委員をやることに決める
出来ることがあれば手伝うよという永久に、バスケに専念してほしいから
試合の前にやったギュってするやつだけやってくれたら頑張れそうだと美月は答える
美月は答えた瞬間、さっき指に触れようとして永久に手を引っ込まれたことを思い出し
赤面し「うそ!ごめん!! やっぱりなんでもない!」と撤回するが
永久は「いいよ やろ」と美月の手をにぎる
美月は頑張れそうだ、ありがとうと伝える

そこに、ナナちゃんから美月にLINEが来て二人は手を離してしまう。
そろそろもどろうかという美月に、これだけは聞いてと引き止める永久
神山さん(あやちゃん)には今いろいろ敵わないけど、負けない
バスケだけじゃなくて…
あの人がいたって自信が持てるようになりたい。だから頑張ると
美月に伝える

美月は自分に何かできることあるか?と尋ねる。永久は俺もぎゅってするだけと
美月の手をにぎり、更に美月の肩を引き寄せる。ありがとと永久

ふたりがみんなのもとに戻ると、竜二たちはスイカ割りしていた


夏休みが終わり、新学期
文化祭委員になった美月にマキが自分も文化祭委員なんだと声をかける
知ってるひとがいてよかったと喜ぶ二人
そこに永久が声をかけ美月を連れ出す。鳳城(あやちゃんの学校)と合同練習が決まったという

合同練習はどうやらあやちゃんが希望したらしい
美月にあやちゃんからLINE。「浅倉クンに伝言よろしく。」「宣戦布告。楽しみにしてるね^^」
LINEを一緒に見ていた永久は「受けて立ちますって返しといて」と闘志を燃やす

つづく


春待つ僕ら 第24話 感想

ぎゅっとか反則でしょ!夏の公園デート編、キュンキュンしたなー。美月と永久は両思いだけど
お互いの気持ちに気づくまで時間かかりそうだね―。それでいいけど!(笑)
ナナちゃんからLINEなかったらどうなってたんだろ…

次回から文化祭の準備とか始まって新展開だね、合同練習も楽しみ!!!
春待つ僕らの感想はマンガノーツに投稿してね!


3 thoughts on “漫画 春待つ僕ら 最新 第24話 あらすじ 感想 ネタバレ デザート2016年7月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。