ハリガネサービス 最新 第124話 ネタバレ あらすじ 感想 桐城が遂に反撃開始

週刊少年チャンピオンに連載中の人気バレー漫画「ハリガネサービス」最新第124話「対空迎撃」のネタバレ、あらすじ、感想です。下平が大活躍、止まらないかと思いきや・・・やはり桐城が逆転開始。そしてコミック13巻も発売になりましたね。うるわしーーー



124話の続き、最新第125話のネタバレはこっち
前話、第123話のネタバレはこっち


ハリガネサービス 最新 第124話 あらすじ

豊瀬 VS 桐城
7 – 4 で豊瀬がリード
たまらずタイムアウトを取った桐城

タイムアウト終了後、改めて下平のサーブ
わくわくした表情で考える


次はどんなサーブを試そう
さっきは長い助走から打ったから
今度は



下平は助走なしの一歩で跳びサーブを放った






三河は反応し、ネット際へ詰める
しかしボールは手前に落ちない・・・

三河は先程のタイムアウトでの監督の言葉を思い出す

無回転サーブで厄介なのは変化を予測できないこと
特にジャンプフローターサーブは球速が早いから
変化に体をついていかせるのが難しい

三河
跳べ



「アタッ」とジャンプして下平のサーブに触れる三河
ボールはセッターの倉光へ
倉光はあえて曲芸的トスでブロッカーを惑わすのではなく
普通にキャプテンの鯨川へトスをあげる

「いい加減に決めてくださいよ」






おまえが決めなきゃ
サーカスバレーが始まらねぇ!!



鯨川はブロックに跳んだ大船の実力を自分と同等以上の力だと認め
力で押し通ることができないと考えていた

だが決めねば
どんな形でも
点をとって
信じて繋いでくれた仲間の信頼に応えなければ

エースに非ず!!!


3枚ブロックの1人だった真白を突き破りアタックが決まる
喜ぶ桐城メンバーたち







無回転サーブを攻略された下平、しかし「でも次はそれ やらせないよ」と明るい表情
三河は下平が以前と違って純粋にバレーボールを楽しんでいる感じだと考えていた

今も十分強力だけど
前の方が怖かったな



両校譲らない展開が続いたが
鯨川が大船以外を狙ってアタックを決めるようになる


松方は猫田にちょっと試したいことがあると声をかける


また鯨川のアタック
しかし今度は真白はあえて手を引っ込める

コート上には猫田が
鯨川のボールを見事レシーブする


ハリガネサービス 第125話へつづく






ハリガネサービス 最新 第124話 感想

松方かっけーー
まさに司令塔ですねー。もっと松方が何考えててどう指示だすのかとかフォーカスしてほしいな

三河 VS 下平
三河はまたしても早々に進化した下平攻略しちゃった・・・しかも

「今も十分強力だけど 前の方が怖かったな」

とか言って、マジこの伏線きになるわー。また下平ダークサイドいっちゃう展開かなー
それともワクワク楽しそうにしてる下平に監督がカツ入れるとか?(笑)


ハリガネサービスの感想はマンガノーツ







2 thoughts on “ハリガネサービス 最新 第124話 ネタバレ あらすじ 感想 桐城が遂に反撃開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。