ハリガネサービス 最新 第120話 ネタバレ あらすじ 感想 桐城高校戦が遂に始まる!

週刊少年チャンピオンに連載中の人気バレー漫画「ハリガネサービス」最新第120話「大入り」のネタバレ、あらすじ、感想です。遂に最強のライバル桐城高校が登場



120話の続き、最新第121話のネタバレはこっち
前話、第119話のネタバレはこっち


ハリガネサービス 最新 第120話 あらすじ

幼いころの夢を見ていた下平
松方に起こされて桐城との試合前だということを思い出す

準決勝に進出した豊瀬に注目が集まり
野々原はTVのインタビューに応じる
観客席は観客が増え入り切らず、コート脇の応援席へ移動するものも





準決勝の相手は桐城高校
勝ったほうが全国行きが決まる

試合前、桐城の監督は選手に
観客は東京トップ3の王葉を倒した豊瀬にドラマを求めているけど
豊瀬の勝ち上がりは想定済みで研究してきた通り
きっちりやっつけましょうと話す

試合の合図の笛がなる
野々原が王葉戦のケガで出れないことを知った鯨川は残念がる

豊瀬サーブ
五十嵐のジャンピングサーブで鮫島のレシーブが崩れるが
置鮎はそれでも鯨川へ見事にトスを上げる

しかしそこへ
やらせねえよと大船が見事に鯨川をブロックする






あの時は無様にやられたが
この2ヶ月一から鍛え直してきた
おまえを止めるために



ハリガネサービス、第121話へ続く

ハリガネサービス 最新 第120話 感想

野々原やっぱでれないか・・・そうだよねーー
全力じゃない豊瀬ってとこでマジ負けフラグ立ってるけど
それがそうでもなくって展開読めないのがハリサーのおもしろいとこだよね(笑)


まずは豊瀬が有利に試合をすすめるのかなー
1年の活躍もみたいです!

ハリガネサービスの感想はマンガノーツ





2 thoughts on “ハリガネサービス 最新 第120話 ネタバレ あらすじ 感想 桐城高校戦が遂に始まる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。