ハリガネサービス 最新 第119話 ネタバレ あらすじ 感想 チャンピオン2016年49号

週刊少年チャンピオンに連載中の人気バレー漫画「ハリガネサービス」最新第119話「メシにしよう」のネタバレ、あらすじ、感想です。王葉工業戦を終え、新展開スタート



119話の続き、最新第120話のネタバレはこっち
前話、最新第118話のネタバレはこっち


ハリガネサービス 最新 第119話 あらすじ

桐城高校の試合を見る下平たち1年メンバー
鯨川が強烈なアタックを決める

桐城の2人のセッターは後衛のセッターを囮に
Bクイックを決める
ふたりはトスの上げ方で言い合いになるも
今度は先程と別のセッターが前衛となり
またしてもBクイックを決める





守ってはブロックアウトになりそうなボールを
リベロの三河がバク転しながらレシーブをする

サーカスのようなバレーを見せる桐城に観客は盛り上がる


試合を一緒に見ていた金田のお腹が鳴り
下平達は一足先に昼食を取っていた先輩たちの元へ戻る

桐城の試合見なくてよかったんスか?と訊く真白に

今さら焦ってジタバタしてもしゃーねーべ
ちゃんと食って休んで
100%の力でバレーしないとな!



と答える五十嵐







下平は頼もしい先輩たちの姿に安心する
1年も昼食をとり、メンバーはしばし昼寝タイム

ハリガネサービス 120話へ続く

ハリガネサービス 最新 第119話 感想

桐城すごいメンツだね!
雲類鷲のときもそう感じたけど、豊瀬が勝てる気がしない(笑)
下平が覚醒したから次の試合も活躍できるといいんだけど
そしてこのまま同じ日に試合なのかな?きっついなー

ハリガネサービスの感想はマンガノーツ






2 thoughts on “ハリガネサービス 最新 第119話 ネタバレ あらすじ 感想 チャンピオン2016年49号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。