漫画 ハイキュー 最新 236話 ネタバレ あらすじ 感想 椿原学園が本気出し始める

週刊少年ジャンプに連載中の人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」、最新第236話「アジャスト・2」のネタバレ、あらすじ、感想です。影山と日向の鳥肌モノコンビに湧く会場。しかしさすが全国、椿原学園も黙っちゃいません!



236話の続き、最新第237話のネタバレはこっち
前話、第235話のネタバレはこっち


漫画 ハイキュー 最新 236話 あらすじ

1年前
椿原学園初の全国
しかし初戦で敗れ、気づけば帰りのバスの中

たった2人で俺達を引っ張ってくれた3年生は泣いていた
俺達は何もやってねえから涙も出ねえ


烏野15 – 椿原学園16
椿原学園は最初のタイムアウトをとる
影山と日向のコンビニまだざわつく場内
監督は10番(日向)を止めに来たのではなく、試合に勝ちに来た
10番をどうにかしようと意識せず、我慢してリードブロックしてプレッシャーをかけろと指示





椿原学園メンバーは気合を入れてコートに戻る

この「烏野押せ押せムード」変えたろうぜ
ッシャア!!


影山サーブ(2回目)
ジャンピングサーブを丸山がレシーブ
越後が平行トスを上げ寺泊がアタックを決めた
解説は「高校生とは思えないパワー」とプレーを賞賛した


直ぐに烏野も反撃
影山のトスに日向かと思いきや
後ろからの東峰がアタックを決める

烏野17 – 椿原18

日向のサーブ
日向が後衛でホッとする椿原学園の応援席
しかし越後は西谷に代わって入った月島の方を嫌がっていた

ウシワカを止めた
このねちっこいブロックが前衛だもん







越後のトスから寺泊のアタック
月島はワンタッチする
田中が拾い、東峰が澤村へとつなぐ
澤村はライン際を狙って打つが丸山がレシーブ
越後のトスに当間がアタック
これにも月島が反応し、ワンタッチ
影山のトスに東峰がアタック
舞子がレシーブ

解説が両チームのプレーを称える

最早両チーム硬さは微塵もありません!!

観客席のカップルは
「すごーい・・・」
「すげー ラリー・・・!」
と興奮

椿原学園、エースの寺泊がアタック
月島は寺泊は超高校級のパワーを持つが
コースはクロスに偏っていると分析、3枚ブロックで飛ぶ
それに対し寺泊はストレート

ナメんな
ストレート!!






寺泊がラリーを制したかに思われたが
ボールの先には日向が

胸でアタックを受け、痛さで涙目に
ボールは宙に浮く

アタックに反応した日向のプレーに驚く西谷、月島、田中
そのプレーに烏養は理解する


今までも見た様な光景
でも違う
ラッキーでそこに居たワケじゃない
今確実に
上げに行った



日向は出すぎたァァと反省


ハイキュー第237話へ続く


漫画 ハイキュー 最新 236話 感想

椿原学園の去年の苦い思い出エピソード泣かせます
日向は遂に、屈辱のボール拾い合宿の成果が出てきました!
コミック読んで、その続きも読んでからだと目頭が熱くなるシーンですね
伏線というか修行の成果がこうやって結構後で出てくるのって感動しちゃいます




日向のプレーを見た西谷の表情がなんとも言えません
どういう気持ちなのか是非次のエピソードで教えてほしいです!
意外にライバル心に火がついて西谷も覚醒してくれるなんて展開だとワクワクします

椿原学園が強いってのが今回はよく解るエピソードでした
しかし、試合前に漠然と感じていた烏野初戦敗退はなさそうだなと安心して読めてます(笑)

ハイキューの感想はマンガノーツへ


2 thoughts on “漫画 ハイキュー 最新 236話 ネタバレ あらすじ 感想 椿原学園が本気出し始める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。