漫画 ハイキュー 最新 228話 ネタバレ あらすじ 感想 ジャンプ 2016年48号

週刊少年ジャンプに連載中の人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」、最新第228話「変化」のネタバレ、あらすじ、感想です。伊達工との練習試合が終了、打ち解ける両校メンバー。



最新、第229話のネタバレはこっち
前話、第227話のネタバレはこっち
岩ちゃんクローンじゃないの説はこっち


漫画 ハイキュー 最新 228話 あらすじ

試合後黄金川は影山はすごく練習してそうなのにどうしてテーピングしてないのかと尋ねる
影山は指立てしたりして指を鍛えてる。テーピングとかすると違和感があるからできるだけしないと答える


とくに指先は
ボールとの間に0.1mmでも何かあると
ボールがわかんなくなる
だから爪と指先は
いつも完璧に手入れする






「指の手入れ」という言葉に衝撃を受ける黄金川
今日からやると宣言するも、二口が即「どうせ3日も続かねえよ」とちゃちゃを入れる

影山はカネコガワと黄金川を呼び間違えながら(月島に「惜しいコガネガワ」と指摘される)
最高到達点が何cmか訊く
半年前に測った時に340cmだったかなという黄金川に337cmの影山は少し悔しそうな表情を見せる

体育館を出る烏野3年、3人に
伊達工の引退した3年3人(茂庭、鎌先、笹谷)が声をかける

「…春高がんばってください」

「はい ありがとうございます」と応じる澤村


日向と青根は無言で向き合い、日が沈む空をバックにお互いぺこりと頭を下げあう







烏野体育館へ戻ったメンバー
澤村は自主練はほどほどに!とくに山道を超えて帰ったりする系の奴!!と釘を刺す

木下は西谷に「今日も練習付き合うぜ」と声をかける
西谷はオーバーハンドのレシーブを練習していた
木下はわざわざ苦手なオーバーでやんなくてもアンダーで捌けばいいんじゃないの?と言うが
西谷は


・・・俺もアンダーで全部取れるならそれでいいと思ったしできると思ってたんだよ
でも
もっと上が居る
選択肢が増えるってわかってて
やんないなんてつまんねえよ



と答える
木下はまたカッコイイ事言いよる…と反応しつつ、こう思った


まあ俺だって活躍はしたいけど
それよりビビる気持ちの方が勝る
しくじるくらいなら
成功も要らない

でも
今俺のサーブに
あの西谷が苦戦してる
前言(練習付き合うぜ)撤回
これは俺の練習
西谷に絶対取れないサーブを打つんだ








木下のサーブを見ながら山口は
高確率で狙った場所に打つ木下に負けられん・・・とライバル心を燃やす



日向は家へ帰ると庭でひとりでパスの練習(必殺ロンリーパス練習)を始めた
そこへ妹の夏がやってきて、一緒にやるといい出す
うまくいかない夏に手本を見せてやる日向
通りかかった母親が「あんた空しくない? さっさと中入んなさい」と声をかける
夏は日向の練習を見て、
「ボールと仲良くなったね 前はボールが「知らない人」ってじだった でも今は仲良し」と笑顔を見せる

日向のボールは傷だらけだった

居酒屋で誰かと電話している烏養コーチ
どうやら春高初戦相手の試合の録画を手に入れられるらしい


229話へ続く






漫画 ハイキュー 最新 228話 感想

日向の妹、夏って言うんだね!「ボールと仲良く」ってキャプ翼っぽい(笑)

そして春高初戦の相手が誰なのか気になる。
関東のチームはいくつか見たから、関西・九州地区の高校とやって欲しいな!

木下が最近出番が多いよね、春高本番でもサーブ打つ場面出てくるんだろう
でも2年生が活躍する場面が増えると、もうすぐ3年の3人は引退するフラグなのかと思って切なくなるわ

ハイキューの感想はマンガノーツ


2 thoughts on “漫画 ハイキュー 最新 228話 ネタバレ あらすじ 感想 ジャンプ 2016年48号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。