漫画 DAYS 番外編 ネタバレ あらすじ 感想 水樹が1年の頃のエピソード 週刊少年マガジン2016年32号

マガジンで連載中の人気漫画「DAYS」の最新 第158話と共に収録されていた番外編のネタバレ、あらすじ、感想です。1年の頃の水樹を知れるエピソードです!

158話のネタバレはこっち



DAYS 番外編 あらすじ

東院学園 VS 聖蹟

観客席に彼女連れでやって来たチャラい男、真中(まなか)
男は一年の秋までサッカー部にいたが途中で辞めた3年生。
今は弁護士を目指しているとか言ってると、観客席の同じく途中で辞めた友達にからかわれている

活躍する水樹をみて初めから一番上手かったのかと聞く彼女に
ぶっちぎりで一番下手だったと想い出を語り始める真中

真中はスポーツ推薦で聖蹟のサッカー部へ
水樹は同じクラスで真中の後ろの席だった
相撲部が無いことを知り残念がる水樹に、軽い気持ちでサッカー部へ誘った真中
水樹は「入る」と即答する



水樹は1年のときからフィジカルは問題なかったが下手くそで
真中は空き時間にインステップを教えてやったことがあった。
その後、真中はデビュー戦で剥離骨折。完全回復まで半年とわかるとあっさりと部活をやめてしまう

真中はその後リア充らしく放課後ライフを楽しむ
その間も水樹は努力し続ける

3年になりサッカー部が全国へ行くかどうかが決まる試合(東院学園戦)の前日
応援へ行くかどうかで学校が盛り上がっている中、真中は教室で黒板を消す水樹の元へ
「よう 有名人」と声をかけるが、水樹は?な様子
自分の事を覚えていないと思い、「悪いなジャマしたわ」と教室を去ろうとする真中に
水樹は「ナマステ」と声をかける

サッカー誘ってくれてありがとう
真中
ずっとお礼を言いたかった
嬉しかった


水樹はそう告げて、明後日暇なら試合観に来いと誘う。
真中は「いや 明日だろ試合!!」とツッコむ





観客席
水樹の活躍を見守りながら
サッカーを辞めたことに思いを馳せる

俺は後悔はしちゃいねえ
今に十分満足しているからな
(中略)
10年か・・・
無駄な時間過ごしちまったな
今思えば何が面白かったのか・・・
努力も
それに費やした時間も
全部無意味になっちまった
でも・・・




フィールドでは水樹が見事逆転のゴールを決める(真中が教えたインステップ)
真中は涙を流す

生きてるんだ・・・
無意味なんかじゃねえ
生きてるじゃねえか
俺のサッカーは
あいつの中に


水樹は観客席の真中に気づき
自らの背番号を指差す

真中はそれに気づく

わかったよ水樹・・・
もう全部お前に任せるわ・・・だから


真中は彼女に

帰って勉強する
弁護士になるんだよ俺は


と告げ残りの試合を見ずに席をたった

おわり




漫画 DAYS 番外編 感想

いやいやいや反則でしょ、番外編っていうから期待してなかったのにめちゃいい話じゃないですか
泣いちゃうじゃんか!

もしかして次の安田剛士先生の作品は真中が主役の弁護士モノ?(笑)

DAYSの感想はマンガノーツに書いてくれると嬉しい!




6 thoughts on “漫画 DAYS 番外編 ネタバレ あらすじ 感想 水樹が1年の頃のエピソード 週刊少年マガジン2016年32号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。