漫画 DAYS 最新 第170話 ネタバレ あらすじ 感想 梁山戦前夜 つくしが風間に語ったのは…

マガジン2016年第45号に連載の人気漫画「DAYS」の最新 第170話「血を吐くように」のネタバレ、あらすじと感想です。梁山戦前夜、長い夜だよね~(笑)。つくしを追っかけてきてくれた風間につくしは何を語る?



170話の続き、最新第171話のネタバレはこっち
前話、第169話のネタバレはこっち


漫画 DAYS 最新 第170話 あらすじ

つくしは風間に幼い頃とびばこの5段目をどうしても跳ぶことができなかったと語りはじめる
だから自分が運動部に入る日が来るとは思わなかったと

つくしは続ける
強豪サッカー部に入部し、入った初日のシャトルラン100本
本当は翌日、練習へ行くか迷ってた
外周で1分半を切るようになったのは8月になってからだった
聖蹟のメンバーはみんな優しいけどサッカーになるとみんな目つきが変わる

笠原先輩の代わりにインターハイのメンバーに選ばれたのは本当に嫌だった
実力もなくてチームで一番下手だって自分でもわかってたから
笠原先輩と練習した後、監督のところへどうして僕を選んだんですかって聞きに行った
監督に「それはお前が自分で見つけろ」って言われて
外堀だけどんどん埋められてる気がした



つくしはまだ続ける、風間は黙って聞いてる

夏合宿の青函戦は凄い試合だった
平さんや火村さんは本当にすごくて
まぐれだけどはじめて試合で点が取れた
それまでは目の前が真っ暗で合宿所まで抜け出して・・・
でも今見たいに風間くんが来てくれた

選手権はどの試合も凄かった
特に準決勝の京王戦は印象深くて
風間くんやキャプテンが出れない試合だったけど
よくあのチームに勝てたなと
みんなの底力は凄いなあって
途中でちょっとだけ”早く代えて”って思ってたけど
東院との決勝はちょっとワクワクしてる自分もいた
臼井先輩に教わったマークの外し方が画期的で
これなら攻めて、みんなの役に立ってるって思ったけど
実際の試合では無様に倒れて退場してしまった




でも不思議と勝って全国に行けるって
みんなの喜ぶ顔を見てたら
まるで自分も何かを成し遂げたかのような
錯覚に陥ってしまっていた

「いつから-…」と風間
つくしは首を横に振り続ける

全国は規模が違った
自分が想像してたよりずっと
怖かったすごく
いつからじゃなくて・・・
初めからだったんだ
それを忘れるために走ってたことを
今日ハッキリ思い出してしまった
そしたらうまく・・・
うまく走れなくなった




つくしは困り笑顔でこう言った
「風間くん」
「ずっと逃げる機械を失ってきちゃったよ」


その言葉にショックを受けた様子の風間
うつむき「そうか」と答える

171話「押し殺して」へつづく

漫画 DAYS 最新 第170話 感想

ずっとつくしが入部前から直近の試合までを語るスタイルだったね・・・
なんか辛いわ(泣)

風間と同じでなんもいえねー!
このあとどうやって元気になるの?風間が気の利いたこと言うのかな?
そしてらうまく走れるようになって梁山戦爆速で走り回るって展開なの?w
次回が全く想像つかないです!

デイズの感想はマンガノーツ





3 thoughts on “漫画 DAYS 最新 第170話 ネタバレ あらすじ 感想 梁山戦前夜 つくしが風間に語ったのは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。