漫画 DAYS 最新 第163話 ネタバレ あらすじ 感想 絶対王者梁山を前に聖蹟は…

マガジン2016年第37,38号に連載の人気漫画「DAYS」の最新 第163話「疑問」のネタバレ、あらすじと感想です。次の試合相手は絶対王者梁山、圧倒的な実力を前に重いムードの聖蹟だが・・・



最新、第164話のネタバレはこっち
前話、第162話のネタバレはこっち


漫画 DAYS 第163話 あらすじ

聖蹟の翌日の相手は梁山に決定。8-0で相手を倒す
一星は監督の奢りだとホテルで宴がはじまろうとしていた
相庭はひとりホテルをぬけ出す

聖蹟は梁山戦にむけた全体ミーティングが終わったところ
メンバーは梁山の強さを前にどこか暗い雰囲気

メンバーそれぞれ部屋で梁山のビデオを研究




梁山の10番は十傑のひとり、碇屋良介(いかりやりょうすけ)
日本の「至宝」と呼ばれU-12からずっと日本代表でTVCMも出ている

梁山のキャプテンは十傑の加藤一彦(かとうかずひこ)
ワンボランチ。夏のIH最優秀選手

梁山が誇る十傑、第3の男は高木マルコ
高校サッカー史上最高のサイドバックと呼び声も高く
ポジションは右サイドバック

梁山の1年でレギュラーの志村千槽(しむらせんそう)
ポジションはセンターバックで風間は一星の新納から「最強の1年だ」と聞いていた

梁山GKは3年の中野剛(なかのごう)
今年、1試合に2失点以上の失点はなし




同じ頃、梁山の選手たちも一星の過去の試合ビデオを見て研究していた
碇屋は「くだらねえ 最低4-0 そんなもんだろ」と部屋を先に出てしまう

聖蹟では夕食の時間
しかしみんな緊張でどこか重い雰囲気なのは変わらず
ひとり空気をよまずバクバク食べる水樹
来須は場を和ませようと「明日負けたら今日が最後の晩餐になるわー」と冗談をいうがみんなからボコボコにツッコまれる

臼井は梁山の試合を見てみんなナーバスになっているんだと水樹に説明

水樹は

なんで?
そのCBは臼井より上手いのか?
君下よりキックの上手い奴がいるのか?
大柴よりいいFWなんて見たことがない
灰原だってそれぐらいの活躍できるだろう?
梁山が強いのは当たり前だ ここまで勝ち上がってきたんだから
それでも聖蹟は
俺の自慢のチームだ


勝つだろ 明日も

と応じる

メンバーは息を吹き返したようにいつもの明るい雰囲気に戻る

その頃生方はひとり部屋で梁山の研究に没頭していた
聖蹟のホテルのロビーでは犬童、保科(東院学園)、平(青函高校)、相庭が期せず勢揃いしていた

次号「恐怖」へ
つづく

漫画 DAYS 第163話 感想

水樹かっこええええ回でしたね!やっぱ頼れるキャプテンで十傑
そしておそらく?水樹に話をしにきた犬童たち
どんなアドバイスくれるのかな?

今回、つくしは顔だけ出演でセリフなかったな・・・・(笑)

DAYSの感想はマンガノーツへ!

4 thoughts on “漫画 DAYS 最新 第163話 ネタバレ あらすじ 感想 絶対王者梁山を前に聖蹟は…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。