漫画 DAYS 最新 第156話 ネタバレ あらすじ 感想 走ることをやめない柄本ついに…

マガジンで連載中の人気漫画「DAYS」の最新 第156話「限界領域」のネタバレ、あらすじと感想です。一星との後半戦。走ってバリュー出しまくりのつくし、遂に…


最新第157話のネタバレはこっち
155話のネタバレはこっち

漫画 DAYS 最新 第156話 あらすじ

君下からのスルーパスをうけた大柴、ゴール前でキーパーと1対1
放ったシュートは惜しくもキーパーに阻まれ、コーナーキックになろうかというところで水樹がボールをに追いつく
しかし水樹が放ったパスはゴール前の大柴ではなく、ミスして逆サイドへ飛んでしまう
逆サイドの灰原が追いつきボールを受け取る、後ろには新納がついてる

灰原がたまらず後ろへパス、そこにはゾンビのような柄本
一星の奥にボールを奪われクリアされそうになるが
柄本が最後の力を振り絞り足を伸ばす、ボールは風間へのパスに。



ゴール正面フリーの風間
シュートしようとしたところで相庭が後ろからスライディングし止める
相庭のスライディングはファウル。イエローカードを受ける
その間、柄本は来須と交代
観客席からは柄本へ拍手が贈られる

ファウルして風間を止めた相庭に奥は何故前線にいないと突っかかri
二人は口論に

聖蹟のFK(君下)
相庭は仲間が前線に貼ってろというも聞き入れず
ゴールの中まで入って守備位置をとる

つづく


漫画 DAYS 最新 第156話 感想

相庭の暴走?で一星はバラバラになっちゃうのかな?臼井の勝ちってことだよね!
柄本にゴール奪って欲しかったけど、あとは君下先輩がなんとかしてくれるはず・・・・

DAYSの感想はマンガノーツに書いてくれると嬉しいぞ!

3 thoughts on “漫画 DAYS 最新 第156話 ネタバレ あらすじ 感想 走ることをやめない柄本ついに…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。