漫画 DAYS 最新 第155話 ネタバレ あらすじ 感想 ゴール前フリーのつくし どうなる―?

マガジンで連載中の人気漫画「DAYS」の最新 第155話のネタバレ、あらすじと感想です。一星との後半戦。走りまくったつくしにゴール前どフリーのつくし、どうなったー?


最新156話のネタバレはこっち

154話のネタバレはこっち


漫画 DAYS 第155話 あらすじ

ゴール前
キーパーと一対一の柄本、シュートをダフってしまい…ボールはキーパーの胸の中へ

観客は「下手くそ―!」と野次る

柄本の体力は限界が来ていた
柄本に飛び膝を食らわせツッコむ大柴
柄本は「落ち着いて下さい それより・・・ディフェンスです」「切り替えましょう」とぜぇぜぇしながら提案
大柴はイラッとしながら「てめえが言うな!!」と反論

ベンチでは監督が来須にすぐに準備するように言う



観客席には笠原が。声をかける大柴姉
笠原は「この試合すごいよ 特に柄本くんがちょっと普通じゃない」
「鬼気迫る感じって言うか…自分なりの結論を出したみたいだな」
と入部当初の想い出を語り出す・・・

(回想シーン)
笠原は部活の帰りに外周で足がつった柄本をおぶって帰った
素人だという柄本に「聖蹟は甘くないよ 辞めるのも一考だと思う」
「3年間無駄なことで 時間を潰すことはないよ」と言葉をかけた

(試合)
柄本はめちゃ走って聖蹟のディフェンスに貢献

試合をみながら笠原は想いを巡らす
あんなに何もできなかったお前が
どれだけやってきたのか
一体どれだけ・・・
決して天才ではなく
断じて器用でもない
(中略)
一日1ミリ
二日で2ミリでも
積み上げてきたものが今のお前だ
それはやってきた者にしかわからない
水樹・・・俺は間違ってなかったろ(柄本と風間は聖蹟の宝だから気づかってやれと水樹に伝えた)


必至にディフェンスする柄本

笠原はその姿を見て、涙が止まらない
同じように柄本母も涙

柄本が身体を張ってボールを奪う
君下が拾う
前線には水樹と大柴

あがろうとする柄本、しかし膝を付き起き上がれない
ベンチからは来須がもう交代だから寝てろ、走り過ぎだと声をかける

(柄本の頭の中)

・・・・走りすぎ?
違うんです
僕には何もできないから
チームの役にも立てないから
僕は弱くて下手でダメで
何度やっても上手くできないから・・・・
だから・・・・

それならせめて
何度でも


柄本は前のめりに前線へ走りだす

つづく


漫画 DAYS 第155話 感想

久々につくしに泣かされたわー(涙)
笠原先輩もズルいわ―。なくわー

今度こそゴールできるかな?ドキドキする・・・・
でも君下先輩、2度目はパスくれないかな―(笑)

DAYSの感想はマンガノーツに書いてくれると泣く

3 thoughts on “漫画 DAYS 最新 第155話 ネタバレ あらすじ 感想 ゴール前フリーのつくし どうなる―?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。