ネタバレ 漫画「ちはやふる」第154話 あらすじ 感想 BELOVE 11月1日号

雑誌BELOVEに連載中の漫画「ちはやふる」の最新話154話のあらすじと感想です。太一を失った千早、寂しいけど成長するチャンスなのねー



漫画「ちはやふる」第154話 あらすじ

千早たちは全国大会へ向け練習に励む。いままで太一がやっていた配列表の添削などを千早がやる

全国大会の前日、トーナメントの組み合わせ抽選会。そこで新に再会

当日の朝、前回優勝の瑞沢高校は優勝旗の返還と選手宣誓をする
自分がやると思ってなかった千早は怖気づくが太一の存在を感じ意を決して選手宣誓をする

同じころ太一は大阪で周防名人のTV撮影に同席することに
番組は周防名人の速さの秘密に迫る内容で、太一は周防名人の速さを視聴者に伝えるための比較役

袴に着替えてそろそろ出番を迎える周防名人、そこに共演者として詩暢が登場する


漫画「ちはやふる」第154話 感想

千早が太一の存在を感じ、部を引っ張っていく姿。役割は人を成長させるんだな―って
同時に太一の存在の大きさを感じる描写が多かった

太一は名人をそばで見て、感じ、そしてきっと戻ってきてくれるのかな?
3年最後の大会。もうなんだか最終章だね!

One thought on “ネタバレ 漫画「ちはやふる」第154話 あらすじ 感想 BELOVE 11月1日号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。