漫画 BUNGO ブンゴ 最新 第78話 ネタバレ あらすじ 感想 ヤングジャンプ2016年46号

ヤングジャンプで連載中の野球漫画「BUNGO」ブンゴの最新第78話「彼女の想像」のネタバレ あらすじ 感想です。2年の月日が経って文吾も遂に3年生。新章がスタート



78話の続き、最新第79話のネタバレはこっち
前話、第77話のネタバレはこっち


漫画 BUNGO ブンゴ 最新 第78話 あらすじ

時は2年経ち、文吾3年の春

3年5組
文吾、野田、真琴、袴田はまた同じクラスになり
これで3年間同じクラスになった
文吾も野田も身長が伸び真琴と身長差が広がっていた

クラスには関西から転校生がやってくる
名前は西浦珠希(にしうら たまき)

美人×関西弁 = 超サイコー!




とクラスの男子は色めき立つ
珠希は真琴の隣の席、席につくなり文吾に気づき興奮する
珠希は2年前の上本牧 VS 静央の試合を見ていて
8回からの文吾の投球が忘れられないという

密かに文吾に想いを寄せていた真琴は
文吾が2年前に比べて背も伸びてイケメンになってるとはしゃぐ珠希を見て
ライバルかと危機感を抱く
袴田は珠希にいいところを見せようとシニアの練習を見に来るよう誘う

静央のグラウンドを見て感心する珠希
グラウンドについての珠希の玄人な発言に野田は珠希が何モノかと勘ぐる

そこへ瑛太がやってきて
袴田にフォームチェックを依頼する

姿が見えない文吾のことを尋ねる珠希
野田が文吾は練習前の10キロのロードワーク中で何があろうがそれを文吾は欠かさない事を説明する
珠希は1年の秋以降文吾の名前を聞かなくなったのは文吾がイップスか大怪我しているか
単に不真面目なのかと思っていたので意外だという。
そして珠希はシンプルに文吾は瑛太にエースナンバーを奪われたのだなと結論付ける





珠希は瑛太が静央の絶対的エースで50校の高校から誘いが来てることを知ってるという
瑛太は「少し訂正すると誘いが来たのは62校だけどね」と答える
野田は事情通な珠希が何モノなのかを思い出した・・・

79話へ続く

漫画 BUNGO ブンゴ 最新 第78話 感想

文吾、何があったんだ・・・悲しすぎる
そして瑛太がエースって!瑛太ってそもそもピッチャーだったっけ?

とはいえ文吾落ち込んだ様子じゃないし何か前向きな理由でエースじゃないならいいんだけどな・・・

BUNGOの感想はマンガノーツ





2 thoughts on “漫画 BUNGO ブンゴ 最新 第78話 ネタバレ あらすじ 感想 ヤングジャンプ2016年46号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。