漫画 BUNGO ブンゴ 最新 第76話 ネタバレ あらすじ 感想 ヤングジャンプ2016年44号

ヤングジャンプで連載中の野球漫画「BUNGO」ブンゴの最新第76話「更新」のネタバレ あらすじ 感想です。静央シニア VS 上本牧シニア 遂に決着!!!



76話の続き、最新77話のネタバレはこっち


ブンゴ BUNGO 第76話 あらすじ

上本牧の川上を下川がいなければ間違いなくエースだと評するスカウト陣
しかし静央の背番号8番が川上のボールを見事にレフト前にヒット

メガネをかけたその選手にスカウト陣もベンチも「誰?」って反応
「ナイバッチだ瑛太!!」とベンチから鮎川が声をかける
8番は鮎川の弟の瑛太だったのだ


出塁した瑛太は
自分の身の丈はわきまえている、吉見や兄とプレーできてる今こそが人生のピーク
だと考えていた




川上は続く静央のバッターを三振でおさえる
そのプレーに瑛太は

こんな凄い敵と
こんな凄い舞台で戦っているなんて
これ以上はない・・・!


と どこか自分に言い聞かせるように考えていた

1アウトランナー1塁
水嶋がバントでつなぎ、2アウト・ランナー2塁へ



次は真琴がセンター前にヒット
瑛太が3塁をまわりホームへ向かおうとする
サヨナラかと思いきや
下川が強肩を活かしたバックホームでサヨナラを阻止する
2アウト1.3塁




瑛太はベンチで応援する文吾を見ながら
先ほどの考えを改めていた

これ以上はない
そう・・・
思っていたのにーーー
石浜・・・
お前のせいだからな
おまえの投球を見てから
更新されちまったんだ

夢が・・・!!
例えば俺たちが・・・
例えば2年後ーーー



バッターボックスには野田が登場




(瑛太の想い続き)
俺たちが
3年生になったらーー
見たこともないような景色が
見れるんじゃないか
想像すらできない事が
起こるんじゃないか

そんな気がするんだ



野田が打った打球はサヨナラホームランに


ベンチで喜ぶ吉見たち
驚く文吾と瑛太
静央が勝利する

77話へ続く


ブンゴ BUNGO 第76話 感想

アツかった上本牧戦が遂に決着しましたね。
最後は野田がかっこよく決めてくれました。鳥肌モノ
そして新キャラの瑛太もこの場面で(笑)登場して
更に盛り上がってきたよね!

次回からは新展開になるのかな?こちらも楽しみです

BUNGOブンゴの感想はマンガノーツ

One thought on “漫画 BUNGO ブンゴ 最新 第76話 ネタバレ あらすじ 感想 ヤングジャンプ2016年44号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。