漫画 アシガール 最新 第56話 ネタバレ あらすじ 感想 Cocohana2016年12月号

雑誌「Cocohana」で連載中の人気漫画「アシガール」の最新第56話のネタバレ、あらすじ、感想です。ついに忠清と結婚かと思いきや殿の許可降りない!どうするんだーー



アシガール56話の続き、最新第57話のネタバレはこっち


漫画 アシガール 第56話 あらすじ

殿から結婚の許可が降りず凹む唯
側室でも良いじゃないかと慰められていたところに忠清がやってくる

忠清曰く母が父上を説き伏せるから明日には許可が降りるらしい

忠清の母、お方は忠清の心の中がわからないという殿君に忠清は殿に似ていると話す
自分は忠清を産んだ後は、もう子供を産むことができなかったが
殿は側室を誰も取らなかった
殿は女子同士が争ったり悲しむのを見るのが好きでないと説明
お方はその心が忠清のにも似ていて、今殿が結婚を許さないといつ忠清が妻をめとる気になるかわからないと許しを乞う






同じ頃、忠清が唯に殿が側室をひとりも取らずに変わり者だと言われていたことを説明
唯は「はあ!? そんなの当たり前じゃん!!」と鬼気迫る表情で忠清に迫る。
忠清は「じゃの」と紳士的な反応
そんな中、忠清を殿とお方が呼び出す


殿は忠清に結婚の許可を出し、早く孫の顔を見せるように伝える
婚儀は来月吉日と決まり、残りの20日間唯は天野の家で過ごしてよいと言われる

唯は羽木九八郎忠清の許嫁になった!!と喜ぶ





唯は天野の家に帰るなり直ぐに畳の上でゴロゴロし始める
それを見た母は唯に説教

立派な奥方となるよう誠心より務めねばなりません
これまでの様に男のなりしてずかずかと歩き回るなどもってのほかじゃ
奥を束ね皆の鏡とされるほどの奥方にならねばなりません



唯はしかたなく写経しつつ文字の練習
忠清の妻になれるならと喜んでいたが自分の目標がそもそも何だったかを思い出した
翌日、唯は忠清を隠れて呼び出しどうしても聞いてほしいことがあると切り出す
結婚したら立派な奥方になれるよう一生懸命頑張るが戦の時は一緒に行く
これだけは譲れない、もし奥方になったら戦に行けないなら
結婚という形にはこだわらないと言う

忠清は「よしわかった 許す」と承諾する
忠清は二度と戦をせずにすむよう力を尽くすと言い
婚儀の日が待ちきれぬのと言い残し去る





唯は婚儀の日の夜
自分の胸が大丈夫か?と心配する
家に帰る唯に奇念が声をかける
奇念は修行の旅に出ると言う。
諸国を歩き地理 天文を学び人心を知り時勢を読み
少しは役に立てるようになったら若君の治めるこの地へ戻りたいと思ってると説明

唯は本当にいいやつ、もしかしたら偉いお坊さんになるかもと感じる
挨拶をして去る奇念の背中を見送る唯、その目には涙が

この時の
旅立つ奇念の後ろ姿を
私はずっと
ずーっといつまでも忘れなかった


アシガール 57話へ続く




漫画 アシガール 第56話 感想

奇念泣かせる!
そして早々と殿の許可が出てなんだか和んだ。これぞアシガール!(笑)

次はもう婚儀なのかな?
難しいかもだけど唯の家族にも婚儀見てほしいよねー
この時代は写真とかないのか・・・



One thought on “漫画 アシガール 最新 第56話 ネタバレ あらすじ 感想 Cocohana2016年12月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。