漫画 青空エール 番外特別編 ネタバレ あらすじ 感想 卒業後大学生のつばさと大介

別冊マーガレット9月号に掲載の「青空エール 特別編」のネタバレ、あらすじ、感想です。高校卒業後、大学生となったつばさと大介。ふたりとそして他の皆は今どうしてるー?



青空エール、最終回のネタバレはこっち


漫画 青空エール 特別編 あらすじ

英大に進学しまた吹奏楽部に入部したつばさとまるちゃん、そして水島
大介は同じ大学の野球部で寮生活。忙しいらしくつばさもあまり連絡が取れていない

つばさは大学のレベルの高さを感じていた

大介から練習休みだから会いたいと連絡が
つばさの部屋へ大介がやってくる
ふたりで晩ごはんを一緒に作ることに。
料理しながら大介は甲子園で対戦した相手の選手が自分のことを覚えてくれていなかったことを話す
大介も大学のレベルの高さを感じ凹んだようすだったが
「だけど絶対レギュラーを取る!!」と宣言する。つばさも絶対コンクールメンバーになると応じる
大介は俺は小野がいなかったらへこんでたかも、ありがとうと言う



少し大人に近づいても
やっぱり負けそうなときもある
泣きそうなときが
なくなるわけじゃないね

がんばれ
信じてるよ
がんばれ



おわり

漫画 青空エール 特別編 感想

大学でも変わらず前向きでひたむきに頑張る二人、青春だーーーー!!!
大介の髪が伸びてるのに慣れないよねwそして水島がどうなってるか気になったけど1コマしか出なかった(笑)残念




One thought on “漫画 青空エール 番外特別編 ネタバレ あらすじ 感想 卒業後大学生のつばさと大介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。